« 『ロスト イン タイムの挑戦状~24時間USTREAM』 | トップページ | 心機一転?? »

2011年2月10日 (木)

「みんなの想いが積み上がる。」

先週の土曜日、ライブ前に寄り道して通天閣に行ってきましたぁ~。

従弟達がやっている、デザイン&アートイベント 「ツムテンカク」を見る為に♪

ちなみに、今日!2月10日は“通天の日”らしい。

「ツムテンカク -みんなの想いが積み上がる。-」
2011.02.05 (SAT) - 13 (SUN)
www.tsumutenkaku.com

まず、ツムテンカクとは?? HPの文章を引用して紹介。

デザイン&アートイベント「ツムテンカク」を
通天閣中心とした新世界にて開催

※『ツムテンカク』とは、「積む」と「通天閣」を合わせた造語です。

観光地として人気のある「新世界」の中心に建つ、通天閣(つうてんかく)。
戦後、通天閣は地域の人々の熱い想いにより再建されました。
その後、地域住民やここを訪れた多くの人々によって、その想いは受け継がれ、
今や大阪に欠かせないシンボルになっています。
そして、その想いは新しい文化/歴史を創りながら、これからも将来に伝えられようとしています。

※戦時中、足元の映画館からの出火で焼かれ、1944(昭和19)年、解体されて鉄くずとして供出された。
その翌年、新世界の町そのものも、大空襲で一面焼け野原になった。現在の通天閣は、戦後1956年に完成した、2代目。

そんな通天閣の4階展望フロアを中心に、デザインやアートを通して当時のルナパークのように大人も子供も目を輝かせ、素敵な「トキメキ」を感じる事の出来るイベント「ツムテンカク」を、通天閣会場 ・ 新世界会場の2会場で、2月10日の「通天の日」に合わせ、2011年2月5日[土]ー2月13日[日]までの9日間、開催します。


-
メインテーマ- 
積み上げること。

すべての始まりは土を塚のように積み上げたことでした。

その行為は宗教的な意味合いを持ち、仏教と共に広まりました。それは仏教の始まりの国インドのサンスクリット語で「ストゥーパ」と呼ばれ、 中国では「卒塔婆」となり、これが日本に伝わり「塔」の語源になったと言われています。
すなわち「塔」はもともと積み上げられたものを指す言葉なのです。
今回、通天閣を中心とした新世界界隈にてデザインイベントを開催するにあたり、その中心となる通天閣の持つ「塔」としての意味を分解し、「積み上げる」という行為で再構築することで、「塔」の持つ本質的な魅力や「積み上げる」行為自体を来場者の人々に作品の展示・ワークショップなどのデザインイベントを通して、 体験的に紹介することを目的としています。

"モノ"を積み上げる "いろ"を積み上げる "言葉"を積み上げる "時間"を積み上げる "想い"を積み上げる

積み上げることによって様々な状況を具現化し、子供には「芽」として、大人には「眼」として、今まで感じたことのない「経験」を積み上げられるイベントを行います。



そんな「ツムテンカク」のメイン会場、メインイベントになっているのが!
通天閣の4階の展望フロア。
その会場に展示されているのが、これ。

Dcf_0064_4

Dcf_0065

「ツムテンカク」コンセプト (通天閣メイン会場)

 (文化・記憶) × 積む (歴史・想い)

大阪の街を何十年も見守ってきた通天閣には塔としての物理的な意味以上に、
大阪の街と人々の「文化」や「歴史」や「記憶」や「想い」が積み上がっています。

「積み上げる」ことをコンセプトにした今回のイベントで、「紙」の積層体である「紙管」を通天閣に積むことで、
訪れる人々に今まで感じたことのない「体験」を積み上げてみたいと思います。

人は「言葉」を使うことによってその世界を大きく広げていきました。
そして「言葉」を「文字」にすることによって多くの「文化」や「歴史」が生み出されていったのです。
その際「文字」を記し、残しておくことのできる「紙」という素材が大きな役割を果たしました。
これは「紙」という素材が「文化」や「歴史」を発信する媒体として優れているからに他なりません。
そこでボクらはこの「紙」という素材に着目し、新しい「体験」を積み上げることにしたのです。

「紙」という素晴らしい素材を重ね合わせた「紙管」を用いることによって、
ボクらの「想い」は「紙」よりも大きな発信力を持つことができるはずです。

そして訪れた人々に忘れなれない「体験」をしてもらうことにより、
この「体験」が通天閣のあたらしい「文化」や「歴史」の積み上げになることでしょう。



と、またまたHPの文章を引用させて頂きました。
僕は昼過ぎに行ったんだけど、展望台に上がるのに予想外の35分待ち。
(従弟によると、休日はもっと並ぶ時があるらしい)
行ったら直ぐに上れるものだと思ってた、通天閣をなめてました・・・すいません。

これは色んな大きさの紙管が積み上がってるわけだけど!
従弟達の話しでは、大きな紙管なんかは名古屋?岐阜?辺りまで取りに行ったらしい。
いくつかの積み上がった紙管を少しずつ運んで、展望台で積み上げていったんだって。

先週の土曜日はまだプレ的な感じで、そんなにイベントもなかったんだけど。
従弟や友達に色んな話しが聞けて面白かった!主に苦労話だけどね(笑)

明日から最終日の日曜日までの三連休が1番色んなイベントがあり!
アートやフードのお店が出るマーケットやワークショップもあるので。
興味がある方は新世界を楽しむ感じで♪行かれてみてはいかがでしょうか??
串カツ目的ででも(笑)
ただ明日からは超寒いみたいなので・・・温かい格好で楽しんでくださいね。


ちなみに、通天閣の中や、近くの新世界市場にあるインフォメーションには!
こんなリーフレットが置いてありましたよ~。
このリーフレットには細かい情報とかも載ってるので参考にしてみてください。
インフォメーションにはね、こんな缶バッチやポスターも売ってた。
明日からはその新世界市場に色んなお店の出店があるらしいから!
まっ、お散歩がてら、気軽に足を運んでみて。

Dcf_0074


それでね、この“ツムテンカク”というイベントロゴや。
缶バッチの“LOVE”や人の顔(お兄さん)も全部、このツムテンカクから出来てるのだ。

Dcf_0076

で、今、ツムテンカクのHPで!
「ツムテンカクパズル -ツムテンカクは、何になる?-」という企画が進行中。
(また○Pは夜なべして頑張ったんだろうか・笑)

このツムテンカクをマウスで動かせて、パズルのように色んなカタチが作れるの。
その作ったものを印刷して持っていくと!通天閣の階段に展示されるらしい。

ということで!僕も挑戦してみました、それがこれ。

Dcf_0078

まさかの漢字(笑)
“約”に大概のパズルを使ってしまい、“束”がなかなか作れなかった(汗)
まっ、生憎こういうセンスは持ち合わせていないので・・・。
って、こんなんでも展示してくれるのだろうか(もう会期中には行けないけど)
チャレンジしてみたらなかなか面白かったので!
お子さんはもちろん、大人も一緒に楽しんでみてもいいんじゃないかな~と思う。

しかし、こんなイベントをするのって凄いパワーがいるよね。
会期ももう少しなので!頑張れ~、従弟。


個人的に通天閣というか、新世界に行くこと自体が初めてで!
“ディープ大阪”と観光ガイドなどで紹介されるだけあり、確かに何か街が濃かった(笑)
通天閣を降りてからビリケンさんの足の裏に触ってなかった事に気付いてね・・・
ホント、自分って抜けてるな~と改めて思ったよ。
でも、こんな機会でもなければ通天閣にもなかなか行く機会もなったと思うし!
そんな点でも従弟には感謝、感謝。

|

« 『ロスト イン タイムの挑戦状~24時間USTREAM』 | トップページ | 心機一転?? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/50824478

この記事へのトラックバック一覧です: 「みんなの想いが積み上がる。」:

« 『ロスト イン タイムの挑戦状~24時間USTREAM』 | トップページ | 心機一転?? »