« 2008年 参戦リスト | トップページ | suzumoku、どこ行っちゃったんでしょう・・・。 »

2009年2月 6日 (金)

阿部真央 @大阪RUIDO

2009年2月5日(木) 大阪RUIDO
阿部真央 「
阿部真央のふりぃライブ」

今日はマイミクさんのお誘いを受けて、今年はじめてのライブに行ってきました。

見てきたのは、阿部真央さんという19歳のシンガーソングライターの招待ライブ。
“さん”というよりは、“ちゃん”って呼び方の方がまだまだピッタリくる女の子だね!
“あべま”こと、阿部真央ちゃんのライブを見るのは2度目。
前回は去年の秋、「SOUNDS GREEN」のオープニングアクトとしてでした。
あの時はまだ18歳だったっけ、若いなぁ~。

あっ、いつものように最後にセトリ載せてるけど。
なんせ記憶だけに頼ってるので、もしかしたら間違ってるかもしれません(汗)
多分、合ってると思うんやけど・・・。
あと、未音源のタイトル表記は違うかもしれませんけどね!

あべまちゃんは、先月メジャーデビューした新人アーティストさん。
そのメジャーデビューとなったデビューアルバムのリード曲「ふりぃ」が!
先月のFM802とスペシャのヘビロテ&CDTVのオープニングも飾ってたみたい。
そんな感じで、今かなり注目されてるアーティストさんかな。

前回のライブは、あべまちゃん1人のギター弾き語りだったんですけど。
今回は、ギター2人、ベース、ドラムのサポートメンバーを迎えたバンドスタイル。
途中、本人が自分の基盤だと言ってた、1人での弾き語りのコーナーもありました。

1曲目の「want you DARLING」は、可愛さを感じさせる曲だったけど。
次の「人見知りの唄」は、一転してどっか内向的な感じの歌詞で!
19歳にしてはふり幅が大きいというか、引き出しの多さを感じさせられる。

「人見知りの唄」の。

誰かと近づく度に思うのは 必然の別れに対する恐さ
それでももっと 近づきたくなるのが ひとりがしんどい私の弱さ・・・

この歌詞なんて誰でも共感できる部分があって!
それでいて、彼女自身の内なる想いも上手く表現できてる歌詞かなぁ~って思うな。


5曲目の「デットライン」から、1人での弾き語りコーナーに入ったんやけど!
この「デットライン」が良いんだ。
『誰にでもそれ以上踏み込まれたくないラインってありますよね?

的な言葉と共に歌われたこの唄は、その毒さ加減が逆に楽しい。

最後のその線引きを 自分なら越えられるとでも思うの?
おめでたいのね それ思い込み 誰にも踏み込ませはしない
ちょっと待って どういうつもり? 勝手に入って来ないで

この開いてない感じと、この曲のガツンとくる歌いっぷりが好き。
よくその歌声から、椎名林檎さんの名前をあげられるあべまちゃんだけど!
この曲なんて聴いてると、似てる部分があるなぁ~って思う。

で、次の「コトバ」って曲なんかは、凄いメッセージ性のある曲なのです。
情けない男の唄」は、何故か男目線で曲の世界が描かれてるし。
このふり幅の大きさが聴いてる僕らを飽きさせないんだなぁ~。

ギター弾き語りのラストは、「母の唄」という曲。
私がここ(ステージにあがる)に立つきっかけになった曲』なんだそうですが。
この曲、その名の通り、あべまちゃんのお母さんの事を歌ってて。
歌詞の中には、お母さんの名前がこれでもかってくらい出てくるんです(笑)
でも、僕は好きな唄でした。

なんちゅ~か!こう、お母さんに向けられた感謝の唄って数多くあるけど。
すごく、歌詞も曲調も優しすぎる(正しすぎる?)曲が多いでしょ??
まっ、この曲もそれと同じような優しいメッセージがあるんやけど!
曲調がそんな優しさを含んでなくて、そういう伝え方が僕にはしっくりきたというか。
なるほど、この曲は面白いね!って思ったよ。
きっかけになるインパクト、心が振れる感じがあるなと。


前は弾き語りで聴いた、「貴方の恋人になりたいのです」。
これは、今日のバンドバージョンの方が好きやな~。
んで、『今日のライブは何ライブ?』『(お客さん)ふりぃライブ~
ということで、最後にふりぃを歌います』ってやりとりなどもあって、ラストは「ふりぃ」。

昨日までのイイ子の私はもう居ない

これが、この曲に込められたメッセージ。
しっとりした曲もいいけど、僕はこういうテイストの阿部真央が好みだ。


アンコールは、まず1人で登場。
物販の宣伝してくれと言われてたのに、忘れててスタッフさんに怒られたらしい(笑)
なのに、告知した最後に『別に買ってくれとまでは言いませんが・笑
と付け足す、ちぃいちょいMCも面白いあべまちゃんでした。

アンコール1曲目は、「モンロー」。
個人的に、前回の野音の1曲目にこの曲を聴いて!!
「おっ、阿部真央って面白いかも♪」と思った、お気にな1曲なんですよ。
曲のテイストが良いよね、この曲は10代らしいキュートさがある。
阿部真央ちゃんに関しては、10代だからといってキュートさが必ずしも魅力☆
って訳でもないと思うんだけど(個人的には)。
この曲の持ってるキュートさは、かな~り魅力的でっす。
僕は、あべまちゃんの一癖ある曲が好きみたいやな、今日の感想を見ると。

そして、ラストはバンドで「I wanna see you」。
この曲もアコースティクバージョンがあるけど、バンドスタイルの方がよかったね。


とにかく、色んなテイストの曲がある。バリエーションの豊富さが魅力的だった。
それを支える、あの声量もなかなかです。
去年見た時よりも、ステージングかなり良くなってた気がしたんで!
19歳って年齢から見ても、これからの成長が楽しみでなりません。

次の関西でのライブは、4月に決まってるらしいですが。
4月にくるってこと以外は、まだ詳細を明かせないんだって。
今年デビューの新人さんで、FM802のヘビロテ。
そして、4月に関西でライブ。けど、まだ情報を解禁できない!!
って情報をミックスして、“例のあれ”に出演するのではと妄想してる・・・僕でした。


セットリスト
01.want you DARLING
02.人見知りの唄〜共感してもらえたら嬉しいって話です〜
03.MY BABY
04.キレイな唄
05.デッドライン
06.コトバ
07.情けない男の唄
08.母の唄
09.貴方の恋人になりたいのです
10.17歳の唄
11.ふりぃ

EC
01.モンロー
02.I wanna see you



阿部真央 MySpace
http://www.myspace.com/abemao

|

« 2008年 参戦リスト | トップページ | suzumoku、どこ行っちゃったんでしょう・・・。 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/43967071

この記事へのトラックバック一覧です: 阿部真央 @大阪RUIDO:

« 2008年 参戦リスト | トップページ | suzumoku、どこ行っちゃったんでしょう・・・。 »