« 前の日記の続きのようなもの! | トップページ | KT Tunstall LIVE TOUR »

2008年4月 2日 (水)

Every Little Thing ファンクラブイベント 2008

2008年3月9日(日) Zepp Osaka
「ciao Presents Every Little Thing ファンクラブイベント 2008」

今でこそ日記に書いてるように、色々なアーティストのライブに足を運んでる訳ですが。
それって、実は20代後半くらいからのもんでして!
昔は特定のアーティストのライブにだけ行くって感じだったんですよ。
その1つが、このEvery Little Thing。
この日のイベントは、ELTのファンクラブイベントでした。
ファンクラブに入ったのも随分と前、「いつだっけ??」と思って調べたら。
入会日の日付が10年前の昨日!!1998年4月1日になってる~。
10周年☆おめでとー、俺(笑)
ファンクラブ設立と同時に入った記憶があるので。ハァ~、もう10年なんですね。
継続は力なりと申しますが、この継続も何かの力に?“継続更新”の継続じゃダメか(笑)
でも、“想い続ける”こと、これは10年継続できたことなのかな。

1998年は、僕がライブに目覚めた年で!ライブに初めて行ったのがこの年でした。
これって、結構遅いのかな??
初めて行ったのがELTと言いたいとこだけど、嘘はいけませんね~。
初めてのライブの1ヵ月半後に行ったのが、ELTのライブだったんですよ。
それからライブに行く度に、ステージに、ELTに少しずつ近づいていきました。
この10年の歩みで、少しずつ、少しずつ。

そして迎えた、この日のファンクラブイベント。
家に送られてきたチケット、Zepp Osakaなんだけど指定席と書いてある。
「へぇ~、指定席なんや!えっと席は、1階 A列と。」 「うん??1階のA列!?」
そう、普通に考えて、A列ってそうですよね。
以前、1列と表記されたとこが1番後ろという恐怖のホールもありましたけども(笑)
それから「いや、多分そうだよなぁ~」という思いを抱え、日々の生活を送っていました。

当日、案内された席は・・・。
やっぱり1列目、Zepp Osakaの1列目!!
これぞ10年の歩み☆おめでとー、俺(笑)
この時、今年1年の運を使い果たしたーと思いましたね。
大きなホールでやるアーティストをこんな間近で見れる機会って、ホントに少ないから。
めちゃめちゃ嬉しい、10年目のプレゼントとなりました。

が、こんなチケット手にした幸運な人、イベントに遅刻でございます(汗)
運があるのやら、無いのやら。
まあまあ仕事してたんでね、ちょっとは予想してたことでしたが。
そして、この10年の歩みで、記憶の彼方に追いやられたのが会員証の在処。
一応、ファンクラブの会員証を持って行かなきゃダメだったらしい。
すっかり忘れてたよ。
多分、来たの10年前だしね!前回のファンクラブイベント、2000年くらいだったし(笑)
イベント無いと使う事もないので、家の中のどこかで眠りについてるらしかった。
係りの人に、「次は持ってきてくださいね」って言われちゃった。
次って、いつ?? 2016年ですか??(笑)。けど、忘れ物はいけませんね、はい・・・。

てことで、約20分遅れで会場到着。中に入ると、トークの真っ最中。
ステージにモニターと、テーブルに2つの椅子。
モッチーと、イックンが向き合うようにして座りながら、会場の人も交えてトーク。
いつもライブMCも、ほんまマッタ~リとした感じなんですが。
この日もいつもと変わらぬ空気観で、なんかほっこりするんだよねぇ~。
予め寄せられた、お客さんからの質問に答えたりだとか。
プレゼントの抽選会したりだとか、ファンクラブイベントって感じでしたね。
しかし、ファンの方にも色々といらっしゃると言いますか。
1つ面白かったのが!ファンの人が2人に向かって話しかけてたんだけど~。
イックンの名前は「一郎さん」って言ってるのに!
モッチーの時は「持田香織は~」って、何故か呼び捨てやったの(笑)
モッチーも『何で、私だけ呼び捨て?』って、ツッコんでた。
僕もほぼ同時に「何で呼び捨て?」と小声でツッコんでしまったよ。

そんなトークコーナーの途中。
ちょっとやりますか!』と、イックンが傍らに置いてたギターを手にしました。
で、『何やりましょうか?』って、ギターをつま弾きながらモッチーに問いかける。
すると、モッチーが!
お客さんから見えないように口元を手で隠しながら、イックンに囁きます。
でも、僕の角度からはモッチーの口の動きが見えたんです。
モッチーの口はこう動いていました、『 ソ ・ ラ ・ ア ・ イ』と♪
いやぁ~、これは嬉しかったですね!歌ってくれた事にも、その選曲も。
僕は「ソラアイ」がELTの曲の中で、1、2を争うくらい好きなんで~。
まあ、曲の長さはほんの少しだけやったんやけど!それでも相当嬉しかった。
この後、お2人はステージから一旦下がって、ライブコーナーへ突入。


この日のバンドセットは、ドラム&キーボードというシンプルなもの。
モッチーも椅子に座りながらのアコースティクなライブでした。
まず、1曲目は「サクラビト
モッチーは、そういえば春や桜などを連想させる曲を歌ってなかったなぁ~。
って思いもあって、この曲の歌詞を書いたそうですよ。
ELTの曲の中では珍しい、和音。“和”をイメージさせる1曲に仕上がっています。

MCでは、モッチーが『一郎さんも話しますか?』と、イックンにマイクを振るのですが!
それを、イックンが黙って拒否。
そしたらモッチーが『一郎さん、最近こうやって話すのもったいぶるんですよね~
ホント、何様!!って感じでしょ?』と、きつ~いツッコミを(笑)
でも、『よく、“2人は仲悪いんですか?”と聞かれるけど、そんなことないですよ。
仲悪くないから、こんな事も言えるんですよ』みたいな事を言っていました~。
モッチーのイックン弄りも、この十数年で格段の進歩を遂げています(笑)
最初のツアーのMCなんてね・・・。


このファンクラブイベントの前に、会員向けに「イベントで歌って欲しい曲は?」
というアンケートがあったんですね!!
で、次に歌われた曲がそれの1位と言ってたけど、多分2位(実質3位かな?)の曲。
モッチーや、イックンが予想してたランキングとはかなり違って。
予想外の曲がランク上位を占めていたんだって!
そんな1曲、「Stray Cat」を演奏してくれました。
これはシングル曲じゃないんで、知らない人も多いかなぁ~。
これはもう女の子の恋する気持ちを歌った曲というか、まあそんな曲なんですが。
Stray Catをやります!と言うと、女性からは歓声があがるんですが
男性からは、もう1つなリアクションが返ってくる・笑』って言ってた。
でも、誰かを想う気持ちは男女関係無く、共感できる部分があると思います
というような言葉を言ってから歌われていたのが、ちょっと印象的だったかな。


そして、次の曲がリクエストの1番多かった曲。
チェリー
「えっ?チェリー?」。はい、そのリアクションは正しいです!!
ELTの曲に、こんなタイトルの曲はありません。これスピッツの「チェリー」です。
では、何故にスピッツの曲がリクエスト1位なのか。
僕は見逃したのですが「HEY!HEY!HEY!」に、「VOCALIST」ってコーナーあるでしょ?
“持田香織にカバーして欲しい男性ボーカル曲”というテーマで、街頭アンケートして。
そのベスト5を紹介するというか、発表するというか。
その中の1曲をアーティストが選ぶんだったかな??
で、実際にアーティストによっては、その曲を番組で披露してたと思います。
モッチーの場合は、番組では歌ってないけどね。

で、そのランキングの中からモッチーが選んだ1曲が「チェリー」だったそうです。
それで!このファンクラブの楽曲アンケートにも多くのリクエストがあったみたい。
ダントツの1位だったそうですよ、ちょっとそれでいいのかとは思いましたけどね(笑)
この時、他にランクインしてた、
コブクロの「蕾(つぼみ)」、GReeeeNの「愛唄」。
こんな曲も、ワンフレーズずつですが歌ってくれました。
驚くのが、そのどれもがめっちゃ良かったこと!なんて言ったらいいんだろ~。
ちゃんとモッチーのフィルターを通ってるというか。
ボーカリスト・持田香織としての世界が楽曲に映り込んでたっていうのかな。
まあ本人が歌ってるから当然やけど(汗)、“楽曲に歌わされてる”んじゃないんだ。
この十数年で、モッチーも独自の世界観を持つボーカリストになったんやなぁ~って!
改めて、思いました。
まっ!それが分かってるから、好きだから、ずっとファンで居続けてるんですけどね。
でも、今と昔じゃ“好きの部分”がちょっと変わってるのかも?なんてたまに思います。
そう思えるのも、ELTがそれなりの歴史を作ってきたからだよなぁ~
それとね!やっぱりモッチーには、こんな優しい曲がよく似合います。

曲を紹介してる時、モッチーが『スピッツさん』と言う所を『チェリーさん』と言っちゃって!
それが本人的にもツボだったらしく、相当笑ってた。
その後、イックンがそのフレーズをお気に入ってしまい、ちょくちょく使ってたっけ。
モッチーが「チェリー」の歌詞を引用して、スピッツの草野さんを絶賛していた。
その話に、僕も大きく同意したのは言うまでもありません。


今回はライブじゃなく、ファンクラブイベントなので、この次が最後の曲でした。
ラストは、「恋文
私達の曲の中では1番リクエストが多かった』と、言っていたので。
1位・チェリー。2位・恋文。3位・Stray Cat。という感じだったんでしょうね。
女性票が多かったのかな(笑)
けど、ELTの曲は性別とか関係なく共感できるとこが多くありますよね。
「恋文」も、そんな1曲。
この曲は、フルバンドでやってもいいんだけど!
こういう風なアコースティクなシンプルな音でも、また違ったいい味わいがあるんです。
特に間奏の一郎さんのギターの音色が素敵なの。
(さっきまで↑イックンだったのに・笑。ちょっと尊敬目線になったらしい。)


ライブコーナーは4曲と、ちょっと少なめやったけど。
これからツアーがあるんですね、ライブの方はそちらでガッツリと!
もちろん、行きますよ~。
最後は、お客さんをバックに記念撮影。ファンクラブの会報に載るらしい。
さっ、最後に1ついいですか??
あの~、モッチーめっちゃ綺麗でした、近くで見てビックリっす。
芸能人を舐めてました・・・はい、すいません(笑)こんな終わり方で。


セットリスト
01.サクラビト
02.Stray Cat
03.チェリー
04.恋文

|

« 前の日記の続きのようなもの! | トップページ | KT Tunstall LIVE TOUR »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/40670449

この記事へのトラックバック一覧です: Every Little Thing ファンクラブイベント 2008:

« 前の日記の続きのようなもの! | トップページ | KT Tunstall LIVE TOUR »