« 私事ですが | トップページ | はい、ニューブリきた~!! »

2008年2月23日 (土)

greenspark 2(一二三 & the court 編)

2008年2月20日(水) OSAKA MUSE
「greenspark 2」


水曜日、行ってきました!GREENS主催の招待制ライブ「greenspark 2」に。
ライブ会場のOSAKA MUSEは初めて行ったんですけど!
一度、会場の入ってるビルの前を10mほど通り過ぎて、会場に到着しました(笑)
そんなに方向音痴じゃないけど、こういうことはよくあって。
頭の中のGPS機能がある目標物を目にした途端、即反応してくれたのでよかったです。
会場に入ると意外にお客さんの数が少なくて、ちょいビックリ。
こんなもんなのかな?と思ってたら、徐々に増えてきて意味もなく安心してみたり。
平日だから仕事終わってからの人が多かったんでしょうね。
OSAKA MUSEって、ステージに幕が張ってあって。
セットチェンジの度に閉めて、開けてと手動でやってたのが何だか新鮮だったな。
開閉途中で幕がちょっと引っ掛かちゃったりね(笑)

そんな幕が開いて、ステージの上に立っていたのが!
この日のトップバッターの一二三でした。
「一二三??」
この名前を出演者に見つけた時、「どっかで聞いた事ある名前やなぁ~」って思ったら。
去年の12月のCaravanのライブの時!
不意にマイミクさんから手渡された、サンプルCDがこの一二三さんの物だった。
そういえば、CaravanのライブのイベンダーさんもGREENSだもんね。
あの時、そして家に帰ってそのCDを聴いた時も。
ライブを見る日がくるなんて思っても(想像も)してなかったけれど!
これも“繋がる”ということなんかな?こんな出会いはちょっと嬉しかったりもします。

一二三は、ボーカルのterumiさんと、キーボードのmegさんの女性お2人のユニット。
この日はパーカッションのヒロさん(男性)をサポートに迎えての3人でのステージ。
一二三のステージは、とても“ナチュラル”という言葉がピッタリくる。
とても自然体な、あたたかい雰囲気のライブを見せてくれます(ました)。
megさんのピアノの音色を生かした、シンプルな感じの聴かせる曲。
それと曲によっては、terumiさんの弾くメロディオン(ピアニカ?)の音色が加わった!
陽気な感じの楽しげな雰囲気もあったりで。

ただ、一二三の音楽はイメージを共有してから始まる音楽って気がする。
一二三の歌詞を読んでいると、言葉と言葉の繋がりがないというか。
説明文的な歌詞が一切ないの!
だからパッと歌詞を読んでみても、その曲の世界を掴むのは難しくて。
でも同時に、それが一二三の目指してる世界なのかなぁ~って僕は感じたんですが。

「イメージの共有」って言葉がライブ見ながら浮かんでた。
歌詞+バンドの音+terumiさんの歌声。
その三つが合わさって、初めて曲の持ってる世界が完成するというか。
どれか1つだけじゃあかんくて、その三つがあって生まれる感じで。
で、その曲の世界と自分自身とがシンクロできた時・・・。
途轍もなく大きな感動が生まれそうやなぁ~って。
この日、僕自身はそこまで行き着くことはできなかったんやけど!
あの世界とシンクロできた人を羨ましく感じる、そんなステージ(ライブ)でした。

でもね、目指してる世界観はとても伝わってきましたよ。
だけど、こんな風な世界観って伝わり難いし、とてもハードルが高い。
実際、僕もそこに行き着くことができなかったわけで(汗)
そやけど伝わり難い分、届いた時にはすごい感動があるはずだから。
これからも迷わず前に進んでいって欲しいなぁ~と思う、女性ユニットです。
いつか、あの一二三の世界とシンクロできる日を楽しみにしていますよ☆

一二三 セットリスト
1.五月雨
2.inst
3.オトノワ
4.「未定」
5.Suiren
6.誰もしらない




で、2番手に登場した、suzumokuは一旦置いておいて。
この日のライブのトリを飾った、the courtの感想へと行きたいと思います。
その存在も全く知らなかったし、音源も聴いたことなかったお初バンド。
全員男性のギターボーカル、ベース、ドラムの3ピースバンド the court。
シンプルな構成そのままに、音の方もバンドサラウンドの王道そのもの。
なんていうんでしょう、あの自然とカラダがリズムを刻んでしまう感じ!!
あの感覚が大好きなので、聴いていて心地よかった。
バンド自体もそれを大事にしてるというか、好きなんだろうなと思わせる演奏だった。
ただ、シンプルなだけに全部同じような曲に聴こえてしまったのが惜しいとこ。
特に前半の3曲くらいは、コーラスの重ね方が全く同じ感じやったもんなぁ~。
あと、歌詞かな。歌詞の全部を聴き取れたわけじゃないけど!
聴き取れた範囲では、「歌詞が若いなぁ~」って感想を持ちました。
正確に言うと、歌詞の中のストーリー(物語)が若いという感じです。
ちょっと僕自身とはその点が合わなかったかも!あくまで、僕とはって話。

あっ、そうそう!
ライブのMCで、ボーカルの人が朝の7時頃に東京を出発してきたって話をしだして。
朝、青空が広がってて。その空を見てたらあっという間に大阪に着いていました
でね、このステージからみんな(客席)見てたら、青空みたいだなって思って
と、このちょっと不思議発言にお客さんから笑いが起こったんですけど!!
ボーカルさん的には、全く笑うところじゃなかったらしいのです(笑)
いやぁ~、僕はこのMCで完全に不思議さん認定をしてしまったんですが(爆)

あと、もう少しだけ音の話をさせてもらうと。
バラードぽい曲もライブで聴かせてもらったんだけど!
バラードよりも、ノリの良いメロディの曲の方が断然引き込まれるものがあったんで。
個人的には、そこをどんどん伸ばしていって欲しいっす。
あとは、どれだけお客さんを巻き込めるかって感じかなぁ~。
めちゃめちゃ楽しい雰囲気のライブを作っちゃう要素は持ってるバンドだと思うから。
そんな雰囲気を作れるバンドに、もう何段階も成長してってもらいたいね。

な~んて、知った風なこと沢山書いてますが。
全くの素人リスナーの思った感想なので、お許しくださればと。

the court セットリスト
1.風も吹かぬ街
2.annie laurie
3.ホタル
4.ワンシーン
5.524
6.カシスオレンジ
7.サクラと春、キミと僕

|

« 私事ですが | トップページ | はい、ニューブリきた~!! »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/40225868

この記事へのトラックバック一覧です: greenspark 2(一二三 & the court 編):

« 私事ですが | トップページ | はい、ニューブリきた~!! »