« 聖還 | トップページ | 花の名 »

2007年10月25日 (木)

読書の秋

「食欲の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」。
そして、「読書の秋」。

過ごしやすい気候だからか、よく「○○の秋」と言われる今の季節ですが。
そんな中で自分でも意識しないで実行してるなぁ~と思うのが、この「読書の秋」
最近の僕は本を読むことに、結構な時間を費やしてます。

もともと本を読むことは嫌いではないんですけどね!
ただ、読まない時は本当に読んでないんで。
それが先日は、3日で2冊の本を読み。
更には、1日で1冊を読みきっちゃったりする日もありまして。
これは読書に限らずなんだけど!
僕の場合は”集中力”というのが大きく色んなことでキーポイントになるようで。
1度、フワッと入り込んでしまうと、すごく集中できちゃうんですよね。
最近の”集中読書”がまさにそれの典型。

そして、これはブログにも言えて。
ブログも1度でも集中すると、ず~っと書いていることが出来るみたいな。
だから長文の日記が多いんでしょうけどね。
が、この集中力も考えもので・・・。
1度入り込んでしまうと、それ終わるまでその集中を解きたくないものだから!
彼女からのメールを放置して、怒られちゃうみたいな(笑)
これ、典型的なB型なんでしょうか。
あともう一つ「集中するまで」というのがあってね、それが少し問題で。
そこまで持っていけなくて、放置みたいなことになったりね・・・。
まあようは・・・気まま君なのですな。
そういえば!肝心な本の話を書いてなかったぁ~。
こんな三十路前のB型男の生態なんて読んでも面白くないよなぁ~(笑)

これは少し前なんですが、本屋さんである1冊の本を手にしたの!
それが加納朋子さんという作家さんの「ななつのこ」という小説でした。
僕は、この加納朋子さんという作家さんは知らなかったのですが。
本棚を見ながら、何となぁ~く手にしたのがこの本だったんですよ。
本に限らず、CDなんかでもこんな風に予備知識なしに手にして、”出会ったこと”
今までも沢山あったんで、何気にこんな直感を大切にしてます。

この「ななつのこ」という小説は、一応(?)ミステリー小説なんですが。
そこに流れてる空気はとても穏やかなんですね。
謎といっても大きな事件とかではなく、不思議な出来事って程度。
一編に謎とそれに対しての答えがあり。
そして最終編で、全編を通しての謎解きがあるんが。
読み終えて、まず「あぁ~、上手いなぁ~」って感想を持ちました!
僕は、この中の「白いタンポポ」という一編が1番好きかもしれません。
個人的な好みとしても、非現実的な出来事を描いてるようなものよりも!
人の心の動きを描いてるようなものが好きなので。
等身大の主人公(登場人物)を描いた、この作品が好きになったのかもしれません。
そういう意味でも、上の「白いタンポポ」はよかったですねぇ~。

そして、その後!同じ加納朋子さんの「レインレイン・ボウ」。
石田衣良さんの本をはさんで、また加納さんの「ガラスの麒麟」を読み終えたところ。
次は「ななつのこ」の続編(?)の「魔法飛行」が待っています。
「レインレイン・ボウ」は女性の群像劇&ミステリーな感じなので、女性にオススメかな。
個人的には、やっぱ「ななつのこ」か。また機会があればお試しを!!

|

« 聖還 | トップページ | 花の名 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/16873332

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の秋:

« 聖還 | トップページ | 花の名 »