« 6月 | トップページ | 9月 »

2007年9月21日 (金)

8月

2007 J1 第19節・8月11日(土) ホームズスタジアム(観衆12624人)
ヴィッセル神戸 0 - 4 ジュビロ磐田
得点(神戸) レアンドロ(21分、73分) 朴康造(69分) 大久保嘉人(88分)

退場(磐田) ファブリシオ(59分)

約1ヵ月間のお休みを挟んで、再開されたリーグ戦の後半戦。
この中断期間に、浦和レッズから酒井友之。
新潟からデイビットソン純マーカス。
と!前半戦、固定できなかったボッティの相方のボランチをピンポイント補強。
シーズン前の補強もそうやけど、この補強もウチのフロントいい仕事してます。
(まあ、この後にアツクンの横浜FC移籍が発表されるわけですが・・・)

そして、この試合では早速、酒井がボランチでスタメン出場。
そうして、この結果!!いや、信じられない。
数年前、ジュビロに0-7でやられたのを目の前で見せられた人間としたら(笑)
本当の試合内容からいえば、ここまで圧倒してた試合でもなかったんやけど。
それでもこうした結果を残せたことには、後半戦の躍進を思わせたんやけどなぁ(汗)


2007 J1 第20
節・8月15日(土) 駒場スタジアム(観衆6440人)
ヴィッセル神戸 3 - 1 大宮アルディージャ
得点(神戸) レアンドロ(30分、73分) 大久保嘉人(88分)
   (大宮) 吉原宏太(20分)

そして、再開後の2試合目。前節の良い流れを離さずに連勝!!
1点先制されるし、ヴィッセルの試合内容的にもよくない試合やったようですが。
とるべき人がキッチリと得点を決めたって感じやね。
レアンドロは、何か相手との相性が大きいみたいな・・・。
それともチーム全体での相性で、いいカタチをレアンドロの供給できてないってこと?
う~ん、負けてる時に書いてるから勝った試合の感想でもネガティブだ(汗)


2007 J1 第21節・8月19日(日) 神戸ユニバー(観衆9116人)
ヴィッセル神戸 0 - 1 アルビレックス新潟
得点(新潟) マルシオ リシャルデス(12分)


この試合は本当に内容で勝りながら負けてしまった試合。
前節の大宮戦とは逆の結果になってしまったわけですね。
やっぱり結果的に大きかったのは、大久保が外してしまったPK。
でも、チーム的にもその後に挽回のチャンスは沢山あったんやけどなぁ~。
試合内容的に悪くなかったので、まだ悲観する感じもなかった(この頃は・・・)


2007 J1 第22節・8月25日(日) 九州石油ドーム(観衆17910人)
ヴィッセル神戸 0 - 2 大分トリニータ
得点(大分
) 高橋大輔(21分、52分)
退場(神戸) ボッティ(67分)
   (大分) 森重真人(65分)


いやいや、この試合は本当に完敗ってゲームでした。
前節の場合は負けたけど、まだ内容のあったゲームだったんですけども。
しかし、相性って大きいのか?新潟とか大分にはいつも負けてる気がする。
特にアウェーで勝った印象が全くないんだけど。
そして、いつも同じ選手に決められてやられる・・・
前半戦での戦いでもやれられた、高橋大輔にまたもやられた。
唯一、流れを変えるチャンスだった大分の選手の退場!
けど、直ぐにボッティが退場になって、その流れすら途絶えてしまった印象か。
そして、大黒柱のボッティの次節欠場が決定。
ホント、何も残らなかった試合だった。


2007 J1 第23節・8月29日(水) 神戸ユニバー(観衆20067人)
ヴィッセル神戸 1 - 2 浦和レッズ
得点(神戸) 栗原圭介(79分)
   (浦和
) 田中達也(49分、74分)

この8月最後のゲームはスタジアムに観に行っていました。
それにしても、レッズサポーターの動員力は凄いなぁ~と感心しました。
平日の夜なのに、あの人数がくるってのが。
ただ、さすがのレッズサポも花火には負けてたね(笑)
ちょうど隣のプロ野球が「花火ナイト」で、こっちの前半途中に突然花火が「ド~ン!」
あれは、ちょっと選手がかわいそうだったなぁ。

さて、ゲームの方はボッティの出場停止で酒井、デビ純のボランチコンビ(初)
前半は、どちらかと言うとヴィッセルのがチャンスが多かったと思う。
一つ、大久保の決定的なチャンスもあったし!あれは決めて欲しかったとこです。
レッズもそんなに調子の良い印象じゃなかったので、ちょっと悔やまれる敗戦。
前半ロスタイムとか、2失点目の場面とか。
あんな風な”ポン”っとエアポケットに入るようなプレーはなくしていってもらいたいね。

1失点目は、田中達也が上手かったから仕方ない部分もあるんだけど。
けど、その後の時間帯でヴィッセルが繋ぐ意識を失ってたのが勿体なかった。
ボッティが居なくても、前半はちゃんと繋ぐことが出来てたのに。
失点してからは、焦り?かバタバタとして、ロングボールを蹴ってるだけの感じ。
あの時間帯に、もう少しちゃんと出来てたら結果は違ってたかも・・・なんて。
最後の場面でもフリーでセンタリング上げたカンジョのボールがそのままライン割る。
あれは、ホントにガッカリ。”個”のレベルの差をちょっと感じたシーンでした。

|

« 6月 | トップページ | 9月 »

「サッカー」カテゴリの記事

「ヴィッセル神戸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/16514300

この記事へのトラックバック一覧です: 8月:

« 6月 | トップページ | 9月 »