« 月日は流れ・・・ | トップページ | ファン御用達?? »

2007年7月26日 (木)

素敵な歌声に、素敵な風景。

7月7日の七夕の日、僕らは香川に居ました。

数日前の天気予報では、7月7日は”曇りのち雨”
これでは、織姫さんと彦星さんが出会うことが出来ません…。
だから、天気になるのを願ってた!!なんて、性格の良さそうな文章は書けないな(笑)
それとは違ったことで、僕らは天候に恵まれることを願っていました。

7/7(土) 平井堅 「Ken’s Bar 2007」  さぬき市野外音楽広場テアトロン

そっ、この平井堅さんのライブを見に行く為に、香川に行ったんです。
ですが、会場のテアトロンへのアクセスは、あまり良くなくて(汗)
高松駅からのシャトルバスでも1時間以上の時間が掛かったかな?
更にバスを降りてからも少し歩いて、ようやく会場に到着したって感じでした。

でも、そんな風に少し不便な場所にあるからこそ、あれがあるんですよね!
この会場の魅力は何と言っても、そのロケーションです。
ステージ上には大きなセットとか無く、ピアノやギターなどがあるだけのシンプルなの。
ただ、ステージの後には青い海が広がっていました。
それがどんな豪華なセットも超えた、素晴らしい”ステージ”を作り出していました。
その眺めだけで、少しやられた感じだった。
お天気もね、快晴とはいかなかったけど雨の心配はないような空模様。
夜の7時過ぎ、まだ十分な明るさを残しつつ、「Ken’s Bar」は開店しました☆
若干、ネタバレ(セットリスト)がありますので、知りたくない方は気をつけてください

ゆっくりとステージ上に姿を現した、平井堅さん(以後、「堅兄さん」呼ばわりです・笑)
椅子に腰を掛けて、アカペラで歌ってくれたのが童謡(?)の「夏の思い出」。
まだ明るい時間で、目の前には自然溢れる景色が広がっててね!
そこに堅兄さんの優しい歌声・・・。すごく心が癒される感じがしましたよ。
とても一声、一声を丁寧に歌われてた気がした。
周りの景色ともマッチして!その瞬間、会場はとても素敵な空間となってました。
これは想像してもらったら、何となく分かっていただけるとは思うんですけどね。
「Ken’s Bar」らしく、カバー曲からライブは始まりました。

ここから2曲目へ!と思ったら、その後のMCが結構長かったぁ~。
けど、ライブ全般のMCは笑えるとこが多くてよかったです!!
ライブは2部構成になってまして。まず1部は、堅兄さんと楽器との対バン(?)
一つの楽器とで、色んな楽曲をやっていくというスタイル。
まずは、堅兄さんと”ベース”での「世界で一番君が好き?」。
どれだけ音を削ぎ落として出来るか?」というテーマでやってるだけあって。
音はすごくシンプルになるんだけど、その中でどれだけ”魅せられるか”って感じかな。
お客さんの手拍子も加わって、この曲の軽快なリズムがよく出ていたなぁ~って思う。
その後が”パーカッション”との対バンで「Style」を。
”ギター”との対バンで、「鍵穴」とか「A song for you(だったかな?)」などを演奏。
「A song for you」は、確かカーペンターズとかのカバーだったかと思います。
ギターとの「A song for you」は、すごく”艶”のあるっていうか??
「なんか色気のある感じの歌いっぷりだったなぁ~」という仕上がりになってました。


この日のライブは、堅兄さんの親族(お母さんなど)が来ていたんですけど。
鍵穴は歌い難かった・・・」って言ってました(笑)確かに、あの歌詞じゃね!
その他にもちょっと下ネタのMCとかして、「お母さんごめんなさい!」って謝ってた(笑)
個人的に面白かったのがね。
ライブ途中にグッズ紹介があって、そのグッズがドコにあるか堅兄さん見つけれんで!
やっとそのグッズの置き場所を発見して、取りに行ってる時に会場から。
「使えなぁ~い!!」って声があがってね!
多分、「勿体なくて使えない」って意味で言ったんだと思うんだけど。
その時に、「あっ、僕が”使えない”って意味かと思った~」って、笑わせてくれたの。
で、最初に登場した時にお客さんから「太ったぁ~」とかも言われてたりして!!
太ったとか、使えないとか、今日はとんだ罵られライブになってますが
って、堅兄さんが言ってたのが、個人的にはめちゃめちゃツボでした(笑)
堅兄さんのライブに行ったのは初めてなんだけど。
MC聞いてて、頭の回転の速い人やなぁ~って思った!ただ、下ネタは結構多いよ。
まあ面白い感じのヤツなんで、全然OKですが。

ライブ中に「今回はワガママを聞いてもらって、自分のやりたい曲をやってる」みたいこと
堅兄さんも言っていたけど。ちょっと一般的じゃない曲も多かったですね、今回は。
そんな中、次の”ピアノ”との対バンで歌ったのが「LIFE is...」。
堅兄さん自身も「未だに、(作った)自分も励まされたりする曲」と言ってました。
辺りも暗闇包まれた中、堅兄さんとピアノの音だけが響き渡ります。
お客さんも「シーン・・・」と聴き入ってた。僕も同じく聴き入ってしまいました、この曲は。
堅兄さんの曲の中でも、とても好きな曲なので・・・ものすごく心に響きました。
個人的には、この曲がこの日の1番でした♪
ただ・・・堅兄さんはこの歌の途中に、ピアノの方を紹介し忘れたことに気付き。
その事をずっと頭の中で考えながら歌っていたそうです!何か感動が薄れるわ(笑)
堅兄さん自身も「そんなこと考えながら歌ってる自分が嫌なんですが」と言ってた(爆)
そして1部のラストの「哀歌(エレジー)」です。
ステージのたいまつ(?)にも火が灯り、ちょっと幻想的なステージになりました。
そこから30分の休憩。ライブの途中にこんなに長い休憩があるのなんて、初めてで。
特に何もすることがなくて、ちょっと時間をもてあそびました(汗)お酒も飲まないしね。

そんなこんなで30分の休憩を過ごし、2部のスタート。
2部はフルバンドでのステージでした。
1曲目の「言わない関係」を歌った後、カバー曲を続けて2曲歌ってくれました。
1曲目が松山千春さんの「」。そして2曲目が大塚愛さんのプラネタリウム」。
特に大塚愛さんの「プラネタリウム」と、堅兄さんは少し意外な組み合わせやと思った!
が、これがまた良かったんですよぉ~☆
ステージサイドには”光の川”みたいなのが出来たり!そして、この曲の間奏には・・・。
ふと堅兄さんが空を見上げる。すると、花火が「ド~ン!!」と打ちあがりました♪
それが結構、本格的な花火でビックリでした。
ただ、花火が上がってる途中の「金かかってるぅ~」という堅兄さんのMCは(笑)
野外ライブならではの演出で、とても感動的なものがありましたねぇ~。

そこからアップテンポの曲、「Strawberry Sex」と「POP STAR」だったと思います。
で、やっと盛り上がってきたと思ったら、もうラストの2曲です(汗)
まあ基本的に「Ken’s Bar」ってしっとり歌いあげる歌を聴かせてくれるライブですもんね
ラストは「瞳をとじて」と、1番新しい新曲の「君の好きなとこ」でした。
この時点で、スタートから3時間近くが経過。
あの曲数で、この長さってことで、堅兄さんのMCの時間が分かってもらえるかと(笑)
そして、本当のラスト。アンコールで、堅兄さんが登場しました。
最後、ピアノ弾き語りで「大切にしてる曲なんです」と強くなりたい」を熱唱してくれた。

全体的な感想としては、もう少し曲を聴きたかったてのはありますが(笑)
それでも堅兄さんの”声”を堪能させてもらったなぁ~と。
僕は1部の”VOICE”vs”楽器”という構成がなかなか良かったなぁ~感じです。
特にvsギター。vsピアノ。この二つの楽器とのセッションが素晴らしかったかな!!
元々、こんな感じのシンプルな音(構成)は好きなんですよね。
でも、そのシンプルなものであれだけのステージにしたのは、やっぱりあの歌声です。
堅兄さんの歌声があったからやと思いますけどね。力強くもあり、優しくもあり☆
素敵な歌声に、素敵な風景。
とても素敵な七夕の夜を過ごさせてもらいましたよ(^^)

でも、「素敵」って言葉。
普段、声にして発することないよなぁ~って書きながら思いました(笑)
ブログを書いてるときは、わりと素直なんでしょうかね(笑)

|

« 月日は流れ・・・ | トップページ | ファン御用達?? »

「恋愛」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

超〜、羨ましい…。
アタシも行きたい…。
いいなぁ。

投稿: vivi | 2007年7月27日 (金) 19時21分

お知らせメールがこなかったから見逃してたよ(^^;)
ごめ~ん!!

そだ、堅兄さん好きなんだよねぇ~。
けど、今は行けないか!
実は、和歌山のチケットまで取れちゃってて(放流予定)
ちょっと困ったりもしましたぁ・・・。
でも、ライブ自体は楽しかったよ(^^)歌声に聞き惚れました。

投稿: 聖二 | 2007年7月29日 (日) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/15827710

この記事へのトラックバック一覧です: 素敵な歌声に、素敵な風景。:

« 月日は流れ・・・ | トップページ | ファン御用達?? »