« 第47節・ヴィッセル神戸VS愛媛FC | トップページ | まだ故郷へは帰れない »

2006年10月29日 (日)

挑戦の一歩手前・・・

今日は、競馬の話です。
今日、東京競馬場で「第134回天皇賞・秋」というGⅠレースが行なわれました。
フルゲート18頭なのに、出走馬は17頭。
残りの一枠に入るはずだった馬が・・・僕が馬券を買うはずだったお馬さんでした。
このニュースを聞いたときは、「ハァ・・・」と大きな溜息をついてしまいました。
1頭の馬のことで、一喜一憂するのは変かもしれないけど。
それが僕にとっての”競馬”です!基本的に、お金は二の次かな~って感じです。

前にも書いた事あるから知ってる方も居るかもしれないですね。
僕の好きな馬は、「バランスオブゲーム」という馬です。
今日のレースの為に調教を続けてきました、そして今週の木曜日の調教後のこと・・・。
足を痛がる素振りを見せた為、検査。
そこで「左前浅屈腱不全断裂」という故障が見つかり、今日の天皇賞を回避しました。
ていうより、これ競走能力喪失という重症で、このまま引退になってしまいそうなのです。
もともと調教で走らない時とかある馬なんだけど、水曜日の調教で走るのを拒否して。
木曜日に走ることになって、その木曜日にも最初は走るのを拒否してたみたいやし。
後付だけど、もしかしたらバランス自身が限界を感じてたのかもしれないね・・・。
これは動物なので話聞くことも出来んし、分かんないとこなんだけど。

この馬を知ったのはデビュー2戦目だから、2001年かな。もう5年も前なんだなぁ~。
そこから、ずっと馬券を買い続けてるお付き合いなので、やっぱ思い入れはあります。
2歳の時にGⅡレースを制してから、5歳の時を除いて(この年も2着が1回あったけど)
この歳まで毎年GⅡを制覇してきました、現在は7歳の馬です。
そしたら、いつの間にやら現在までのGⅡレース最多勝馬になっていたりもしました。
けど、これまたGⅠレースになると全く勝たない馬でね(笑)
今年はGⅠの「安田記念」でブービーと大敗して、「もう、そろそろ限界?」と思わせつつ、
同じGⅠの「宝塚記念」で、怪物ディープ相手に「もしかしたら!」って場面を作ってみたり
ほんとファンを飽きさせない、クセのあるお馬さんでした。
で、天皇賞の前哨戦のレースにも勝利して、この天皇賞を目標に調教していました。
今年はディープが回避した事もあって、本命不在の混戦模様だったので。
初のGⅠ制覇を、ちょっと期待していたのですが(^^;)
結局は、GⅠ挑戦一歩手前で戦いが終わってしまい!GⅠ制覇は夢と終わちゃったね。
まっ、競走能力は喪失してしまったけどね。予後不良とかではなくて、本当によかった!
それだけは、ホントよかったと思う。
今後のことはまだ分からないけど、種牡馬になれる可能性もあるらしいって情報は嬉しい
だって、またバランスの子供達に夢託すというか、子供達を応援出来るかもしれないし。
とにかく長い間、楽しませてもらいました☆ホント、お疲れ様♪って感じですね。
寂しいけど、今となってはそう思うよ(^^)

|

« 第47節・ヴィッセル神戸VS愛媛FC | トップページ | まだ故郷へは帰れない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/12481211

この記事へのトラックバック一覧です: 挑戦の一歩手前・・・:

« 第47節・ヴィッセル神戸VS愛媛FC | トップページ | まだ故郷へは帰れない »