« Astaire | トップページ | どうしようもない距離 »

2006年10月 7日 (土)

僕らの一歩

上手く言葉に出来ないから書いてなかったりするけど!
最近、聴いていると考えさせられたり、温かい気持ちになる曲に、よく出会う。
こうやって色んなことを感じられる曲に出会えるのは、本当に幸せなことなんだろうと思う

「僕らの一歩」 TRICERATOPS
この曲を歌詞を見ると「みんな分かってることだよ!」って思うことが沢山あるのに気付く。
そう、みんな分かってることなんですよ。
でも「気付く」の!分かってるのに、忘れるんだね・・・。そして、またその大切さに気付くの
こんな曲を聴くことで(結局、そんな繰り返しなのかな・・・
「そう・・・だよね」とか、「あぁ~、それ・・・」って、この曲を聴きながら何度も思いました。
”いつも”の大切さを思い出させてくれる、大切なラブソングですね☆

この曲のメロディーも、この歌の歌詞にマッチしたメロディーだと思う。
サビは徐々に上がってく感じだけど、この曲のメロディーはいい意味で平坦な気もする。
いい意味でね!リピートで聴いてると、いつまでも聴いていたいって思えるんですよね!
ただ、メロディーを語るすべを持ち合わせてないもんで(汗)多くは語れませんが。

君を送った夜道 僕の歩幅で歩けるのは楽だ
この歌の歌詞はこんな言葉から始まる。この言葉は、とっても納得した!うん、納得した。
やっぱり自分の歩幅で歩くのは楽なんですよね!実際は。
実はうちの彼女にも、前に僕の歩幅の話をしたことがあるんです。
勿論、実際の歩幅の話ではなくて。僕のペースだったり、僕の考え方だったりすること。
そんな話をする中で「彼女の歩幅」の事を知ることも出来たんですよね、うん。
そんで2人の歩幅も大切だけど、個々の歩幅も大切にしていこうって話をしたんです。
少し僕のワガママな気もしているけど・・・それでも、一緒にいる意味は分かってたつもり!
この歌の歌詞も、この後に「だけど・・・」と、続いていくんです。
うん、楽なんですよぉ!1人だと。けど、それじゃ一緒に居る意味ないんですよね。
結局、それじゃダメなんだね。それだけじゃ、なんか寂しいのです・・・ホント。
2人で歩幅を合わせて歩いて行きながら得るもの、同じ歩幅だから得られるものもある。
”僕らの一歩”を歩むことで☆自分でも、その大切さは分かってたつもりです。
この歌を聴きながら「そうやぁ~」と思いつつ、ちょっと「ゴメンネ」と思う自分も居たな。

この歌の中で、2人で彼氏の好きなスターの出てる古い映画を観るシーンがあるの。
その時、彼女は少し眠気に誘われながら、頑張って一緒にみるんです。
そうしたら、彼女には馴染みのない(知らない)、彼氏の好きなスターの名前が!!
いつしか彼女の口から出る!って、歌詞があるんです。
この歌詞を読んだ時(聴いた時)、思わず笑顔になってしまいました・・・うん(^^)
なんか、ふとそのシーンを頭の中に描いてしまったんです、じゃあね~♪♪
多分、僕自身もこんなことが凄く嬉しかったりするんです!ほんと、些細なことかもだけど
きっとね、こんな風に「特別なこと」って増えてくんだろうと思う。
こんなことの積み重ねで。勿論、このシーンの逆パターンも嬉しいんですよぉ~☆
この歌の中では「歩幅が合うって凄いよなぁ」って歌詞で歌われてるけど、その通りだ。
時には、早すぎたり。時には、遅すぎたり。実際は、そんな時もあると思うけど・・・
そんでも、手の届く距離で歩いていたい!って思う。
この曲を聴くと、その大切さとかを本当に感じれる、感じれました!!
それは、とっても大切なことでした。自分へのツッコミもいれながらですけど・・・。

けど、本当に良い曲だと思う。
当たり前の、それでいて本当に大切な事を歌えるトライセラって凄いなぁ~。
TRICERATOPSって、確かに昔に比べるとセールス的には恵まれてはいないけれど。
やっている音楽は、昔より上がってるんじゃないかとさえ思ったり。
今、立ってる位置は本人的には分からないけど、良い位置に立てるんじゃないかな??
同じ世代のバインにも同じようなこと思ったりするけど、そう思う。
実は、いい歳と取り方してんじゃない?この二組の同世代バンド。僕は好きです、今が☆

|

« Astaire | トップページ | どうしようもない距離 »

「CDレビュー?」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

私もこの曲を聴いて「トライセラいい味出してるじゃん!」って思った。
聖二さんの捕らえ方を踏まえて改めてこの曲をじっくりと聴いてみた。
頭の中で想像するだけでも優しい気持ちになり、「大切な人のことをこんなふうに思えること」って素敵だなぁ・・・と気がついたら涙が流れてました。
恋人同士には、いろんな形がありますよね。
「思ってることは全て言い合う」
「言葉にしなくてもわかってるよね」
などです。
昔の私は後者だったと思う。
でも今の私は自信を持って前者だと言いきれる!人生を重ねてると慎重になるのかな。
お互いの全てを受け入れて同じ歩幅で歩めたら、これ程素敵なことはないと思う!
一緒にいて「心地いい」って凄いことなんだよね!
トライセラのデビュー当時のライブに行った事がある。あの時は2枚目のシングルがリリース前で、レコード会社の宣伝の効果もあって、ノッてました。
正直、移籍してからセールス的には・・・だと思う。そういうこともあって自分たちなりのペースというのが掴めたのかな。
貫禄も出てきて安心して聴いていられる。
年齢も重ねてるしね・・・
バインも6年くらい前かなぁ・・・
ライブに行った事があるよ。
リーダーが休業に入る前で「OUR SONG」を初披露してくれた。
私、Vo.の田中さんとタメなんだよなぁ。
尊敬だよ!第一線とは言えないけど、こういうバンドがいるから私は音楽を聴き続けるんだろうなぁって思う。

投稿: ミック | 2006年10月 9日 (月) 22時26分

そんでこちらにも、どうもです☆

僕も今は前者ですかね。
思ってること全て言い合って、分かり合えるなら・・・
こんな素敵なことはないと思います。
でも、それって慎重になってるんでしょうか??
ある種、「言葉にしなくても・・・」の方が僕には慎重になってる気がします。
なんかそこには、「言葉にするの怖い」って気持ちも含まれてる気がするんです。
これは個人的な感じ方、考え方なんですが(^^;)

トライセラも、バインも居てくれたよかったと思えるバンドですね。
第一線ではないけど、僕もこういったバンドが居るから音楽が好きなんです。
年数を重ねることで、自分らしさを隠さず出せるようになったのかな。
その自分らしさがリスナーにも受け入れられてる、今のカタチ。
だから、今の位置が悪くないと感じるのかもしれないです。
ホント、カッコよすぎますね♪

投稿: 聖二 | 2006年10月12日 (木) 00時05分

ミックさんの紹介で初めて書き込みします。

私も『今』のトライセラが大好きです。
地に足をつけて歩んでる感じがすごくするんですよね。
向上心はちゃんと持ちながらも、無茶な事はしてないというか。
いろんな音楽を消化していますが、散乱してなくて、
ちゃんとした信念が感じられますし。
3人が親密な事も、よりよいハーモニーを生み出していて素敵ですし。

なんでこんないいバンドが売れんかなーと思いますが、
今くらいのスタンスだからこそ、魅力的な音楽が生み出せてるのかも。
聖二さんはアルバムはお聴きになりましたか?
私はライブにも参加しましたが、とても素晴らしかったです。
本当に、トライセラもバインも居続けてほしいバンドです。

すみません、あまりにも嬉しくて、長々と失礼しました。
唱くんお誕生日記念コメントでした。(笑)
またお邪魔します。
ちなみにH.M.K.Uも大好きです。

投稿: たえこ | 2006年12月 1日 (金) 21時59分

たえこさん、はじめまして☆
ミックさんから「お友達が…」って、お話は聞いてました(^^)
コメントの返信が遅くなって、すいません。

ほんと、今のトライセラ良いですね!新しいアルバムもいい感じです。
と、書きたいところですが・・・実はまだちゃんとは聴いてないんですよ。
基本的に沢山CDは買う方なんですが、それにも限度がありまして。
で、トライセラのアルバム視聴はしたんですけど、現在保留中で。
けど、レンタルも出ないみたいなんで買おうかどうか迷ってて。
視聴した感じでは、シングル+「Scar」「ホログラム」が好みかな。
たえこさん、もう一押しお願いします!!あっ、冗談です(笑)

トライセラもバインも、いい意味で”大人”になったのかもしれませんね。
人間的にも、音の面でも。勿論、今までの時があってのことでしょうけど。
こんな大人になれたら「いいなぁ~」って思います、少し憧れる。
これからも、ずっとカッコイイ姿を見せてって欲しいと思います。

コメントありがとうございました!長いのは大歓迎なので大丈夫ですよ☆
でも「唱くん誕生日記念コメント」とは、凄い偶然ですね?
狙って書かれたんでしょうか(笑)
ちなみに「H.M.K.U」が分かりません、無知ですいません(^^;)
たえこさんもブログされてるみたいですね!今度、お邪魔させてもらいますね。
きっと「H.M.K.U」が分かるはず??

投稿: 聖二 | 2006年12月 4日 (月) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/12189199

この記事へのトラックバック一覧です: 僕らの一歩:

« Astaire | トップページ | どうしようもない距離 »