« ”一生懸命”の結果 | トップページ | 第38節・ヴィッセル神戸VSコンサドーレ札幌 »

2006年9月12日 (火)

第37節・ヴィッセル神戸VS横浜FC

かなり前の試合ですが、書いておこうと思います。
この試合は、バクスター監督の帰国前の最後の試合、2位と3位のチームの直接対決。
という、ヴィッセルにとってはとっても重要な試合だったのです。

9月2日(土)J2リーグ・第37節 三ツ沢公園球技場

    ヴィッセル神戸        VS                 横浜FC
                   0     前半  0
                   1    後半  0

                    10   SH    8
                      4     CK      7
                    21    FK   22

得点・神戸 ガブリエル(61分)

神戸スタメン
GK                 荻

DF  北本 エメルソン・トーメ   河本      坪内

MF              ホルヴィ

                  
            田中      ガブリエル

FW    朴                       三浦

                                     平瀬

交代・74分 ガブリエル(OUT)→栗原(IN) 86分 田中(OUT)→小森田(IN)

前節、レッドカードで退場になった丹羽と累積警告の近藤が出場停止。
近藤の抜けたセンターFWの位置には、久々に平瀬がスタメンからの出場となりました。
そして前節、初出場ながら勝利に貢献する動きを見せたガブリエルが先発出場しました。
この日は、ホルヴィが1ボランチを務めて、田中とガビーがトップ下の三角形のカタチだったらしいです。動き的には、前節の後半の動きに似た感じのカタチかな。

試合的には、1点を争う均衡したゲームだったようです。
さすがに自動昇格の資格を得る2位の争ってるチーム同士の試合のだったから。
本当に両チームとも集中力が高く、それぞれの持ち味が出た試合だったみたいやね!!
ハイライトでしか見てないのですが、荻くんの好セーブが無ければヤバかったかも・・・。
そんな中、この試合の決勝点を決めたのが初スタメンで出場したガブリエルでした。
前節でも、ポスト直撃という惜しいシュートを見せてくれたガブリエルですが。
この試合は、キッチリと本当に大切な1点を決めてくれました。
あのキックの精度はガブリエルの持ち味なんだろうなぁ~、あと運動量もね!
バクスター監督の起用に応える活躍、お見事でした(^^)
あとは、最近本当に堅いヴィッセルの守備で1点を守りきってくれました。
最近の得点の少なさは心配のタネですが、この守備の安定は安心してみていられるとこ。
ただ、実際は失点につながりそうな場面も無くはないので、ヒヤヒヤですけども(^^;)

けどまあ、これで勝ち点の面でも”単独”の2位の位置にいけました。
まだまだ先は長いけど、昇格のライバルチームの、しかもアウェーゲームで勝てたのは~
本当に大きかった☆そして、バクスターの帰国前に最後のゲームでの勝利ですからね!
ヴィッセルにとっては、本当に大切なゲームをものに出来てよかった。
ただ、試合後の胴上げにはバクスター監督も怒ってたけどね(笑)

|

« ”一生懸命”の結果 | トップページ | 第38節・ヴィッセル神戸VSコンサドーレ札幌 »

「サッカー」カテゴリの記事

「ヴィッセル神戸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/11842630

この記事へのトラックバック一覧です: 第37節・ヴィッセル神戸VS横浜FC:

« ”一生懸命”の結果 | トップページ | 第38節・ヴィッセル神戸VSコンサドーレ札幌 »