« シュガー&スパイス | トップページ | 第43節・ヴィッセル神戸VS東京ヴェルディ »

2006年9月28日 (木)

第42節・ヴィッセル神戸VSサガン鳥栖

昨日は、ヴィッセルの試合を見に行ってきました!!
いやぁ~、凄いのを見た!ゴール裏で、この目で見た!あれはずっと忘れそうにないな。

9月27日(水)J2リーグ・第42節 神戸ウイングスタジアム

    ヴィッセル神戸        VS                 サガン鳥栖
                   0     前半  0
                   2    後半  0

                    11    SH   8
                      4     CK      2
                    11    FK   22

得点・神戸 三浦淳宏(55分) 田中英雄(88分)

神戸スタメン
GK                 荻

DF  北本 エメルソン・トーメ   河本      坪内

MF               キム

                  
            田中       栗原

FW    朴                    三浦

                                     近藤

交代・64分 近藤(OUT)→平瀬(IN) 77分 栗原(OUT)→ガブリエル(IN)

メンバーは前節出場停止だった近藤が復帰。それ以外は前節と同じメンバーでした。
前節のお休みで休養十分のヴィッセル神戸ですが!意外と少し試合間隔が空くだけで、
試合感は少し鈍ったりもするので注意も必要でした。
さらに最近上り調子のサガン鳥栖!J2得点王の新居も居るだけに要注意のチーム。
が、まだ怪我明けの主力の新居、ユンジョンファンはベンチからのスタートだったけど。

前半戦の序盤、サガンは3-5-2で両サイドハーフが大きく開いてグランド大きく使った
展開を見せてきました。
けど、ヴィッセルもきっちりプレスを掛けれていて!サガンもボールを下げてくしかなくて、
「おぉー」と思うような、いいカタチでのプレスが序盤は利いていました。
が、次第にプレスの勢いも弱まり、徐々にディフェンスラインも下がってきた感じだった。
それプラス、サガンがボールを回してはいるのだけど楔のボールをあまり入れてこない!
なんていうか、あまりリスクを冒したチャレンジをしてこなかったんですよね。
基本的に攻撃はサイドからか、逆サイドへの大きなサイドチェンジの展開だったと思う。
けど、サイドチェンジのボールもオーバーしてサイドラインを割ったりとかね。
あまりに消極的なサッカーだったので、サガンは後半勝負のつもりなのかと思ったくらい。
後半、主力の新居やユンを投入してね。
それでも中で勝負してきた時は、2回くらいヤバイ場面を作られたりしちゃってたんですよ
だから、ヴィッセルが乗り切れてない前半に積極的にこられてたらヤバかったかも。

でもね、それにヴィッセルもお付き合いするカタチで前半は低調な出来だった!!
まず、ボランチのキムの位置が低かったのもあるかな?プレスも弱かったしなぁ~。
中に楔を入れるボールが少なかったから、プレスを上手く出来てなかった印象があった。
そして、たまにボールを奪取しても次の展開が遅くて、結局攻撃に繋げられない場面も。
この日の前半は、中盤でのホルヴィの展開がどれだけ重要だったかが解りました。
でも、キムはホルヴィとはプレースタイルが違うので、比べても仕方ないのかもしれない。
まだ18歳なので、毎試合安定した働きを求めるのは酷かもしれないのだけど。
とにかく、攻撃的なプレスとか見せていってほしいと思います。
結局、前半はアツクンのエリアへの侵入と、栗さんのミドルシュートくらいしか見るとこなし
どっちも低調だったけど、どちらかといえばサガン優勢だったかな。

後半は、前半ちょっと低すぎたディフェンスラインを押し上げることが出来た。
すると、チャンスも次第に増えてきた!試合のペースは完全にヴィッセルが握りました。
でも、両チームに言えることだけどウイングの芝の状態が悪すぎた(汗)
ボールをトラップするだけで一苦労ですから・・・それで攻撃が止まってしまうこともあった
それでも、坪内の惜しいミドルシュートなんかで徐々に得点の匂いが。
まっ、ヒデが中盤でプレス掛けてボールを奪って、近藤へスルーパス!近藤が抜け出す
そのキーパーとの1対1!の場面で、シュートを外した時は少しヤバイ雰囲気もしたけど。
それでも、その嫌な流れを断ち切っちゃうんです!我がキャプテンの”三浦淳宏”は。
ゴール前少し左サイド、30メートルくらい距離はあったね!決して絶好の位置ではないFK
そのFKでアツクンが放ったボールは、1度右側に曲がった(?)ように見えた!!
そうしたら、ゴールマウスの遥か上を通過しそうなボールが急激に落下して・・・
ゴールマウスの左に刺さる!!「えっ?」ってどよめきも混ざりながらの歓喜の瞬間だった
アツクンの無回転ボール「ブレ球」が炸裂しました(^^)
ボールが無回転で飛んでいくので、空気抵抗でボールが急激に変化するんだよね!!
野球で言う「ナックルボール」だね。それを足で蹴っちゃえるのだから凄すぎます(笑)
30メートルもあるFKで、サガンのGKシュナイダー潤之介が1歩も動けなかったですから
ゴール裏で見てたので、そのボールの軌道を全て見ることが出来ました♪♪
とにかく感動☆凄かった・・・目が点になっちゃいましたよ。

その後、またいつもの悪い癖が出てしまいそうになったけど(汗)。
サガンに左から崩されて、エリア内でフリーでシュート!が、そのシュートはヒットせず・・・
GKの荻の足元に納まりました。助かったけど、決定的なピンチはこれくらいだったかな?
というのも、後半15分過ぎからサガンも新居、ユン、小井手と立て続けに選手を投入して
交代枠を使い切っちゃった後、1人選手が負傷退場して10人になっちゃったみたいで。
まっ、直接の原因は故意ではないけど、ヒデのイエロー貰ったファウルだったが(汗)
でも、ヴィッセルも最後までハードワークをしてたのが1番大きな要因だと思う。
特に途中から入った、ガブリエルの仕事振りには拍手をしちゃった!よく走ってましたよ。
そして88分には、ハーフライン付近で相手ボールをカットしたヒデがDF2人を抜いて独走
そしてシュート!シュートは、GKに当たりながらも何とかゴールに吸い込まれた。
これで2対0、勝負を決定付けるゴールでした。キッチリ勝ち点3をGETしだぞ~!!

柏、横浜も勝ったので、勝ち点1差の2位は変わらなかったけど。
ヴィッセルは消化試合が1試合少ないので有利な状況には変わりない!全勝すれば・・・
首位(笑)なんて言ってみたくもなる。まっ、それぐらいの意気込みで!ですね。
それにしても平日だと言っても、観客動員4000人に満たないのは寂しいですね(苦笑)
あれです!アツクンみたいなFKは、J1でも見ることは出来ませんよ!!
だから、そんなFKを目当てにでも、1度スタジアム来てみて下さい♪って言いたいなぁ~。
なんなら、僕が接待しますから(笑)いや~、もうそれくらいの意気込みですよ、ホント(爆)

|

« シュガー&スパイス | トップページ | 第43節・ヴィッセル神戸VS東京ヴェルディ »

「サッカー」カテゴリの記事

「ヴィッセル神戸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/12075740

この記事へのトラックバック一覧です: 第42節・ヴィッセル神戸VSサガン鳥栖:

« シュガー&スパイス | トップページ | 第43節・ヴィッセル神戸VS東京ヴェルディ »