« 渡しても、残ったモノが温かな。 | トップページ | 明日は »

2006年9月14日 (木)

第39節・ヴィッセル神戸VS湘南ベルマーレ

遂に、遂に首位には立った!!普通なら手放しで喜びたいところだけど・・・。
なんか後味の悪い試合だった・・・てか、なんで首位なのにこんな色んなことが起こるの?

9月13日(水)J2リーグ・第39節 平塚競技場

    ヴィッセル神戸        VS                 湘南ベルマーレ
                   2     前半  1
                   0    後半  1

                     9     SH   8
                      4     CK      7
                    19    FK   29

得点・神戸 三浦淳宏(14分) 河本裕之(41分)
        湘南 佐藤悠介(3分) 永里源気(89分)

神戸スタメン
GK                 荻

DF  北本 エメルソン・トーメ   河本      坪内

MF          田中      丹羽

                  
                 栗原

FW    茂木                   三浦

                                     近藤

交代・81分 栗原(OUT)→平瀬(IN) 89分 三浦(OUT)→柳川(IN)

出場停止のホルヴィの欠場は分かってたけど、この日はガブリエルもスタメンを外れた。
ホルの代わりには、丹羽。ガブリエルの代わりには、栗さんがスタメン出場。
そして当日になって、カンジョが風邪を引いたらしく、代わりに茂木君がスタメンでした。
そしてホル欠場で外国人枠が1つ空いた事もあって、レアンドロが初のベンチ入り。
前節に途中交代したアツクンは、何とか出場できました。

試合は、前半3分にヴィッセルのセットプレーからカウンターをくらいアッサリと先制を許す
けど、この日はアツクンのキックが冴えていました。
前半14分にペナルティーエリアの少し外から直接FKを見事ねじ込み、同点。
そして前半41分、距離としては40mほどあったのですが!アツクンは直接狙った??
そのシュートはキーパーの手前で1度バウンドしました、それをGKがハンブルした。
そのこぼれ球を詰めていた、河本が押し込み前半のうちに逆転に成功。
前半は、他にもポストの脇を逸れていく惜しいシュートが何本もありました。
それは後半が始まっても続き、近藤や茂木がポストをかすめるようなシュートを放つも・・・
決まらない(汗)。シュート数は前節の方が断然多かったけど、決定的なチャンスの数は、
この試合の方が全然多かったです。
しかし、茂木君の入らなさは違う意味で神がかってますね(^^;)とにかく1点目を決めて。
こんな風に決定機を外していると、そのうちに流れは相手に移っていくもの。
後半32分に丹羽が暴言を吐いたとかで1発退場・・・(しかも、線審にらしい・汗)
更に2分後には近藤が遅延行為とかで、2枚目のイエローカードを貰い退場・・・。
2分間で2人も退場になって、9人での戦いを強いられることになりました。
てか、丹羽は何回同じようなことを繰り返すのやら(苦笑)暫く使わなくていいよ、ホント。
さあ、9人になってしまった以上はもう守るしかありません!!
栗さんに代えて平瀬を投入し、平瀬を1トップに守備的な布陣に変更(こうするしか・・・)
そしてロスタイムにはアツクンに代えて、柳川を投入して守りきる体勢へ。
ロスタイムは3分、危ない場面もありながらなんとか凌ぐヴィッセル神戸。
けど、時計は94分台に突入しているのに、まだホイッスルはなりません・・・。
さっきの3分の表示はなんだったの??って感じですが、試合は続き。
最後の最後で、まさかの同点ゴール決められてしまいました(汗)勝ち点2が逃げた瞬間。
その直後に試合は終了。
結果的に追加点を取れなかったヴィッセルが悪いんですが、2分間での2人の退場といい
最後のおかしなロスタイムといい、何か釈然としない試合ではありました。

だけど柏が横浜に負けた為に柏と勝ち点で並び、得失点の差でヴィッセルが首位に浮上
でも、3位の横浜FCまでの3チームが、わずか勝ち点1差の中にひしめき合う展開に。
この日で第3クールが終了し、次節から最後の最後の第4クールに突入するわけですが、
安達GMが言っていた、「第3クールで首位に立つ」ってことはギリギリで達成しました。
が・・・そんなヴィッセルに衝撃のニュースが・・・。
この日は出場停止だった、ヴィッセルの中盤の要。主力中の主力選手のホルヴィが!!
なんとこの時期に移籍することになりました・・・この昇格争いをしてる時期にです(汗)
しかも、チェコのチームに移籍するのですが、もう昨日のうちに帰国してしまってたという。
ある意味、「バクスター帰国」以上の衝撃的なことでした・・・。
頭の思考回路が半分停止してしまうほどの衝撃でしたよ、ホンマ。
第4クールを前に戦力ダウンという事態に発展しました、バクスター帰国に続きね。
確かにガブリエルやレアンドロ獲得したけど、前節の試合後に松田監督が言ってたように
2人ともまだまだ戦術理解の面では、大きく遅れをとってるんですよね~。
次節は第4クールの初戦になるわけですが、退団したホルヴィは勿論出れないわけで!
更に出場停止の丹羽、近藤も欠き。あと、カンジョの体調も回復するか分からずの状態。
首位には立ったものの、大きな不安を抱えたままヴィッセルは最終コーナーを回りました

|

« 渡しても、残ったモノが温かな。 | トップページ | 明日は »

「サッカー」カテゴリの記事

「ヴィッセル神戸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/11898120

この記事へのトラックバック一覧です: 第39節・ヴィッセル神戸VS湘南ベルマーレ:

« 渡しても、残ったモノが温かな。 | トップページ | 明日は »