« 本を読も~う。 | トップページ | 夏の匂い »

2006年8月 7日 (月)

第32節・ヴィッセル神戸VSベガルタ仙台

昨日も、またまたスタジアムで試合を観ることが出来ました!
久々にバック指定で観たんですけど、バックスタンドとフィールドの近さを改めて実感。
アツクンやカンジョの激走を久々に間近でみれて、興奮(洋ちゃんも間近で観ました・笑
そして従姉には悪いけど。。。うちも昨日はどうしても勝ち点3欲しかったから、よかった☆
やっと、やっとベガルタ仙台に勝てました(泣)
J1時代も含めて、昨日の勝利が初勝利やったんやもんねぇ~!!よく耐えたよ、ホント。

8月6日(日)J2リーグ・第32節 神戸ウイングスタジアム

    ヴィッセル神戸        VS                 ベガルタ仙台
                   0     前半  0
                   1    後半  0

                    15   SH    8
                      8     CK      5
                    23    FK   21

得点・神戸 三浦淳宏(50分)

神戸スタメン
GK                 荻

DF  北本 エメルソン・トーメ   河本      坪内

MF          田中      ホルヴィ

                  
                 栗原

FW    朴                       三浦

                 近藤

交代・66分 近藤(OUT)→平瀬(IN) 74分 三浦(OUT)→村瀬(IN)
        85分 栗原(OUT)→丹羽(IN)

前節、足の故障で欠場したアツクンが復帰。
まだ足の状態は悪いんだけど、次節はヴィッセル試合が無いので強行出場したみたい。
結局は、このことが試合の結果を左右した感じだね。

前半はヴィッセルペースやったと思います。
ベガルタの布陣を見てもちょっと守備的な感じやったし、そんな選手起用に見えた。
ただ、押してはいたものの!あまり決定的なチャンスを作れなかった。
ミドルレンジからのシュートが多くて、それもあまり枠をとらえるシュートがなかったなぁ~。
その中で、アツクンが左サイドから中に切れ込んでシュートを打つ場面が2度ほどあって、
「今日は積極的に打ってってんなぁ~」という印象あったよね、2本とも枠には行ってたし。
そして、ゴール前少し左からのアツクンの直接FK。
座ってた席からゴールに向ってちょうど真正面の角度やったから、めちゃめちゃ見えた!
アツクンの蹴ったボールの変化が。
枠を外れる角度のボールがGKの前で急激に落ちてくの!あれは惜しかったなぁ~。
少しGKの真正面のとこらにボールが飛んでったから、GKの小針に反応されちゃった。
他のチャンスといえば、アツ→ホルヴィ→近藤と繋いでエリア内でシュート打ったシーン。
カタチとしては、いいカタチやったんやけど、近藤のシュートは宇宙開発・・・。
そしてロスタイムの最後のチャンス、栗さんの足がもう少し長ければ入ってた気が(笑)
と、またまたいつものような展開で、押しながら0対0で後半へ。
結局、仙台の守備が堅かったってことなんやろね。決定的なチャンスはあまり無かったし
何度かあったヴィッセルのセットプレーのチャンスも全部対処されてしまってたし。
けど、逆にベガルタにもチャンスをあまり作せてはなかったな。
あの萬代に抜け出されたシーンだけかな??あれは、ほんまヒヤッとしたよぉ~(汗)
でも、この日は当たってたヴィッセルのGK・荻のナイスセーブで助かりました。

そして、後半。
今期の2試合のベガルタ仙台との試合は、いまだにノーゴールやったヴィッセル。
「多分、1点取れれば勝てるんじゃないかな??」と思ってたけど、その1点が遂に入った
左サイドでボールを受けたアツクンが仙台DFを2人引き連れながら中へ切り込む!
そんな前半にも2度ほどあったシーンだったけど、このシーンのシュートは凄すぎだった☆
あんなけプレッシャーを受けながら、ゴール右隅に突き刺すんだからねぇ(^^)
この日の仙台のGKは小針だったけど、きっと高桑選手でもあのシュートを止めるのは・・・
って感じの完璧なシュートやった、「アツクン最高!!」カッコよかったでございます♪
まっ、この日はこっから大変だったんだけど。ほんと観てて疲れるくらいに攻め込まれた。
1点先制してから、ヴィッセルのディフェンスラインが下がっちゃったんだよねぇ・・・。
ボールを繋ぐのにも、この日はヒデのパスの精度が悪くて、前にもなかなか納まらない。
平瀬、村瀬、丹羽っていう流れ変えるために投入された選手起用も上手くいかずで(汗)
関口のミドルシュートは、荻君のナイスセーブで逃れる。
ヴィッセルDFがぺナの中でおかしな対応して、ベガルタに決定的チャンス!!
が、ベガルタのシュートはクロスバーを直撃して何とか難を逃れる。
左サイド上がってきた村上のキケンなクロスボールは中で合わせる選手が居なくてセーフ
そして、仙台のFKからヴィッセルが1度クリアしたボールを仙台の選手がシュート??
コロコロと転がったボールはヴィッセルゴールへ。同点・・・と思ったらオフサイドの判定。
僕はどこの時点でオフサイドだったのか解らなかったけど、助かったよ(^^;)
さらに、仙台のリャンちゃんがぺナの中でフリーで打ったシュートが枠の外に外れたり。
とにかく攻めに攻められたけど、なんとか最後の一線だけは守りとうしてタイムアップ。

後半の内容は褒めれたものではないけど、それでも昨日は勝ち点3を取る事が重要で。
それを取る為の必死さ、集中力は存分に伝わってくる試合だった。
次節はヴィッセルは試合ないけど、この勝利で3位から落ちる事なくなったから少し安心
まっ、それよりも昇格争いのライバルから勝ち点3を取れたのは大きいです。
ただ個人的に、ベガルタ仙台と一緒にJ1行きたいだけに少し複雑な気分ではあったなぁ。

|

« 本を読も~う。 | トップページ | 夏の匂い »

「サッカー」カテゴリの記事

「ヴィッセル神戸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/11326050

この記事へのトラックバック一覧です: 第32節・ヴィッセル神戸VSベガルタ仙台:

« 本を読も~う。 | トップページ | 夏の匂い »