« TIGHT祭2006① | トップページ | 気持ちはあれど体力はなし »

2006年8月21日 (月)

TIGHT祭2006②

ダストが終わった後、行きしなに買ってたドリンク類が底を尽きたので買いに行く事に。
いや、僕らはライブ見る時は日陰に居たんですけど!それでも暑くて、喉が渇くはで。
それに水分って、「喉が渇いた」と思う前に飲んでた方が良いんですよね!!
だから、こまめに水分補給してた。
でも、会場の中も、直ぐ外の自販機も飲料水が全て売り切れになってて(その時は)
酒類はあったけど飲めないので、少し離れた売店(休憩所)まで歩いて買いに行ったの。
で、その道すがらロストのTシャツを着た女の人にすれ違いざま声を掛けられました!
「あの~、すいません!次は、ロストではないですか??」と聞かれたんですよね(確か)
ロストのTシャツ&ロストのタオルというロスト仕様な格好してたからだろうけど(笑)
そんで、「あっ!多分、次は10-FEETだと思いますけど~」って答えたんです。
で、飲み物を買って席に戻ってみると、ステージに居たのは「STOMPIN’BIRD」だった・・・
すいません、嘘ついちゃいました・・・間違えた情報を伝えてしまいました(汗)
まあ、あの女の人はロストじゃないことが解ればよかったんだとは思うんですけどね(^^;)
だけど、あの時の女の人、ホントにゴメンナサイでした!!(ここで言っても仕方ないけど)

うん、てことで次の出番は「STOMPIN’BIRD」でした。
ストンピンは色んなことやってくれたから、少しおもしろかったですよねぇ~!!
まずは、「全員が遠くの方で見てるライブが見たい」みたいなこと言って。
前の方のVIP席で見てる人を後ろの芝生席の方に移動させてみたり。
まあ全員が移動したわけじゃないけど、結構な人数の人が協力してました。
で、僕らも「行っときますか?」ってことで芝生席に移動!僕なんて、マッタリモードに突入
してたので。手におにぎりとお茶を持ったまま移動しました(笑)
結局、何曲かやった後に後ろがちょいと危険な感じになったので戻ったんですが(みんな)
その他にも、ギターの人が激しく暴れてマイク倒して、それをスタッフの人が起こした!
と、思ったら数秒でまた倒して、そのスタッフさんが苦笑いしてたのが笑えた。
まっ、その倒れたマイクのとこにベースの人が来て寝そべりながら歌ってだんだけど(爆)
あと、みんな座らせて、みんなにウエーブさせてみたりと楽しいパフォーマンスが見れた。
えっ??曲の感想?? すいません、そっちはあまりちゃんと聴いてなかった・・・。

それから次が「10-FEET」だったのです!!
テンフィも大好きなんだけど今まで1度もライブ見たこと無くて、かなり楽しみにしてた。
あっ、そういえば買ったけど行けなかったテンフィのチケットまだあるわ・・・(熱で断念)
音鳴って、登場したを思いきや!そのまま、また歩いて反対のステージサイドに消えてく
という、お約束なギャグもやりつつ(笑)テンフィらしいライブを観ることが出来ました☆
ただ・・・歌い出しのMCで、オチの前に噛んじゃったのはいただけなかった(爆)
そんで、そのまま曲始まっちゃうし!どんなオチだったのかが気になる、今日この頃です。
なんと言っても「2%」を聴けたこと、これが嬉しすぎでした。
この曲、テンフィの曲の中で1番聴いてるし、もちろん1番好きな曲でもあります。
歌い出しとか最高に好きです、「しばいたれ!」とか歌ってる曲もなかなか無いよね(笑)
そして、ラストが「RIVER」と好きな曲が沢山聴けてラッキーだったなぁ(フェス仕様??)
テンフィの曲は聴いてると、ポジティブな気持ちになれます。
それはライブでも一緒だった、温かいものを時に面白おかしく伝えてくれるバンドだね(^^)
カッコよかった、また機会あったら見にいこ~。

そして、そして・・・この次がLOST IN TIMEだったんですね(前に書いたので、そっちで)。
でも、今までライブで泣いたことなんてなかったなぁ~
ウルウルすることはあったけど、拭かなきゃダメなほど泣く事なんてなかったよ・・・。
まっ、それだけ色んな想いがあったんだろうと自分でも思いますけどね。
それでも、ちゃんとこの目で見れたことでスッキリした部分もあったから、よかったな。

あっ、それと!ロストのセッティング中にセンターにマイクが置かれて、謎の人が歌ってた
といっても、そのマイクは「ON」になってなかったんだけど!でも、何か歌ってた。
どうも、ccレモンさんとかいう人みたいなんだけど。
一瞬、ロストの新メンバーかと思いました(笑)まあ、それは冗談ですけどねぇ~!!
でも、なんでロストの時だったのかな?
一応、あの人居なくなったらマイク下げてたからゲリラな感じではなく決まってたんやろな。
それにしても、謎だった。
で、ロストが終わってちょっとチカラが抜けてたんだけど・・・。
次は「マキシマムザホルモン」だったのです、ギャップがデカイ(汗)
てことで少し気分を変えに、またドリンク買いに少し歩いてみた。
その途中、会場裏の関係者の人しかいけない所で、機材車に荷物を積んでるロスト発見
とういうか、それが見える辺でロストファンの人が数人がいたので気が付いたんだけどね
やっぱり、みんな寂しい気持ちあったんやろなぁ~、なんか分かる気がした。
少しだけその様子を見守ってから、その場は立ち去ったけれど・・・。

で、飲み物を買うのに少し手間取ってたら、席に戻る前にホルモンが始まってた。
そして、圧巻・・・(ポカ~ンです、ポカ~ン)。この日、1番の一体感はここにありました。
いやいや、みんなが一緒に頭を上げ下げしてる姿は凄い迫力だった。
あれは、ちょっと何かの宗教に見えるほどでした(笑)ホンマに凄かったわぁ~。
モッシュ禁止だったんだけど、芝生席の中央付近では押さえきれずモッシュらしきものが
てか、凄い砂埃が起こってた。でも、あの一体感はちょっといいなぁ~と思ったけど。
ただ、初だったのとその前とのギャップの大きさに最後まで圧倒されっぱなしだったです。
そうだ!それでもね、1度やってみたかった「3度の飯より、飯が好き~」出来たのが・・・
嬉しかった(笑)いや、1度あれやってみたかったんですよね。
しかし、ナヲちゃんはオモロイ!!笑った、笑った。
「モッシュやダイブが無くても、顔だけで楽しめる」って、「しゃくれモッシュ」披露したり(笑)
色々と面白すぎて書ききれないけど、ますますナヲちゃん好きになって帰ってきましたよ。
とにかく熱い、熱い、熱いホルモンのステージでした。
終わった後で思ったこと「ロスト、ホルモンの後の方が大変だったなぁ~」ってこと。
うん、後じゃなくて先でよかったよ、ホンマ。
きっと、ホルモンの後を務められるバンドなかなかないね!この日は、あのバンドしか。

それからDOLCEの音あわせが始まって、「次はDOLCEなのかなぁ~」と思ったら。
ステージ中央の1番前のトコにギター台があって、そこに1つのギターが置かれました。
そして・・・NOBの”FILM”GIGが始まりました。これが、SPECIAL GIGだったんですね。
RISEのアンドリューさんが作ったという、NOBのFILMでした。
さすがに”ノル”って感じではなく、ただみんなその映像を見つめてる感じだったね。
その途中、ホルモンのナヲちゃんとかTIGHTのスタッフさんとか泣いてる姿見えて・・・
きっと、みんなそれぞれ色んな気持ちでその映像を見てたんだと思う。
あの映像を見て、なんて書けばいいか分かんないけど・・・。
ただ「This is a song for you」は、やっぱりいい曲だなぁ~、好きだなぁ~と思った。
最後に、この曲の日本語詞が流れたんだけど。
この曲、今思うと亡くなった後に書いた詞みたいやなぁ~って思ったりしました。
ダメ、やっぱどう書けば良いのか分からない(^^;)すいません、こんな感じしか無理です。
あと、あのロストが始まる前に歌ってた人が、NOBの映像が流れてる時に・・・
1人で走り回りながら、客席横のとこで歌ってた。
何を歌ってたか解らないけど、暫くしてスタッフの人が来て止められてた(怒られてた?)
まあ、人それぞれ色んな反応の仕方があるからね・・・うん。

そして、ラストは「DOLCE」がつとめました。
勿論、初めて見た(聴いた)んですけど、独特の世界観を持ったバンドやなって感じた。
でも、夜が似合ってるバンドですね、DOLCEは。
それまでで体力も使い果たしてたので、ノンビリとマッタリと聴き入ってました。
ただ、行きのこともあるし、帰りの電車に乗り遅れると帰れなくなってしまうので・・・
DOLCEの途中に席を立ち、歩きながらDOLCEのアンコールの曲を聴きました。
おかげで帰りは無事電車にも乗れ、翌朝にはこっちに帰ってくることが出来たんだけど。
どうしようもないくらい暑い1日だったけど(苦笑)
でも、笑ったり・・・ 泣いたり・・・ 沢山の大切なものを感じれた1日だったと思うな。
来年も行く??(笑)。しかし、1日の出来事で凄い量の時間を使ってしまった(^^;)
まだまだ、いろ~んなこと書かなきゃダメなので!!この記事はこのへんで☆

|

« TIGHT祭2006① | トップページ | 気持ちはあれど体力はなし »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/11546571

この記事へのトラックバック一覧です: TIGHT祭2006②:

« TIGHT祭2006① | トップページ | 気持ちはあれど体力はなし »