« マタアイマショウ | トップページ | えぇ~!! »

2006年7月 2日 (日)

誰かに届けたい、と思う歌

この日は、東京国際フォーラムにHYのライブを見に行ってきました。
最初は6月の神戸公演を見に行く予定にしてて、その為に先行でチケットをゲット☆
が、しかし!急遽、「彼女も一緒に連れてくかぁ~」と思い立っちゃったんですねぇ~
神戸でのチケットも2枚あったけど、平日だったのでこれに彼女を連れて行くのは無理で。
と、ツアースケジュールを見てみると東京公演があるではないですか!しかも、日曜日。
で、ダメもとで一般発売にチャレンジしてみたら見事に取れちゃったのでした。
多分、この日の予定を入れたのが付き合い出して最初に決めた予定だったんですよね☆

2006年7月2日(日) 東京国際フォーラム ホールA
HY WATTA SHINKER'06 TOUR~mu-ruiinchu~


「WATTA SHINKER(ワッターシンカー)」は、「ぼくらの仲間」。
「mu-ruiinchu(ムールイインチュ)」は、「みんなイイ人」。
この言葉は、沖縄の言葉で「ぼくらの仲間、みんなイイ人」って意味のある言葉だそうです
こんな言葉がツアータイトルに入ってるHYライブは、やっぱり温かい感じのするものでした
まっ、HYの曲もそんな温かさを持ってる曲が多いからね。
ただ、サービス精神旺盛と言いますか・・・とても長いライブだったので、少し残念なことも
席の場所があまりよくなかったけど、十分ライブは体感できた(^^)
ライブに来てるお客さんの層も比較的というか?ほぼ僕よりも若い年代の人達だったので
ちょっと、そのノリについていけない部分もあり(笑)ある意味、あの場所でよかったです。
HYのライブは初めて行ったけど、HYのライブは「お客さんを楽しまそう」って気持ちや、
「お客さんと一緒に」って気持ちが、他のアーティストより溢れてたと思う。
勿論、それはメンバー自身も楽しんでやってる感じがあってこそ伝わってくるんだけどね。

新しいアルバム「Confidence」の1曲目「モノクロ」の歌いだしからライブは始まりました。
「今日も見つけた君の姿 つい見とれて前も見えない・・・」
幕にメンバーのシルエットだけが浮かぶ中にピアノの優しい音色と優しい歌声だけが響く
僕は、この「モノクロ」の歌いだし好きやから!ちょい感動してみたりした。
そして、そのまま幕が開くと同時にライブは1曲目の「この物語」でスタート。
それからアップテンポな曲が続き、MC。そして、そのMCの後に”あの曲”のピアノの音
その曲は「AM11:00」でした。僕がHYと出会ったのは、この曲なんですよねぇ~☆
タワレコで色んなCDを見てる時に、不意にこの曲が耳に飛び込んできたんですよね。
この曲が無ければ、きっとHYを聞き出すのはもっと遅くなってたと思います。
そんな大切な曲をライブで聴くことが出来て・・・少し興奮、そして心が温かくなりました。
それと!いつも1人で聴いてるのとは違う感情もこの日はあった、ちょい恥ずかしいけど。
「だからお願い 僕のそばにいてくれないか 君が好きだから」
自分の中にも、とっても届く曲だったけど。ホントに届いて欲しかったのは・・・。
きっと僕の隣に居てくれる人へ・・・だった気がします、そんなこと思いながら聴いてました
で、その後の「そこにあるべきではないもの」これも良かった、ほんま大切な気持ちだよね

そして、このライブはホントにMCも多かった!!ミニコントもあったし(笑)
ピアノのIzuちゃんが”エンジェル・デビル”に扮した?コーナーが特に面白かったなぁ~
Izuちゃん、客いじり上手いよね!!何故かキレキャラなとこも良かったです。
あの「デビルを追い払う踊り(?)」あれには爆笑(笑)いや、おもろかった。
なんかマキシマム ザ ホルモンのナヲちゃんにキャラが似てるなぁ~と思ってみてた(爆)
泣きの演技とか似てるよね、二人とも面白くて最近のお気に入りです。
と、なんか”面白い”としか言ってませんが(汗)あれは見てないと伝わらないよね、多分。

それから「Confidence」の曲を中心に演奏しながら、ライブも中盤に進んでった。
このライブで、沢山「聴けてよかった」と思った曲があったけど!特に思ったのがこの曲。
「てがみ」。今回のライブではCDとは違って、オーケストラが入ったオーケストラバージョン
の「てがみ」を聴かせてくれたんだけど。ストリングスの音の入った「+α」には感激でした
オリジナルの「てがみ」は温かみのある音を中心になってるんですけど。
このオーケストラバージョンは、その温かみを残しつつ!音がピンと立つ感じがあった。
「てがみ」の詞って、少し切ない感じの詞なんだけど。
その切なさが増して、それが直に届く感じの曲の仕上がりで、ほんと良かったなぁ~♪
あぁ~、でも言葉で伝えるのって難しいね(^^;)なかなか上手く書けないですよ。

そんで「Street Story」「ホワイトビーチ」と終盤にHYの代表曲を演奏して、盛り上がったね
で、本編ラストは「Confidence」の「HY・SUMMER」で終了。
この時点で、すでにライブが始まってから3時間弱の時間が経過していました(汗)
あっ!アンコールの時は、みんなで「ホワイトビーチ」のサビの部分を歌うんですね!!
ライブDVDとかは見たことがなかったので、初めて知りました。
まっ!この頃はみんなの歌声より、別のことが気になりだしててあまり聴いてなかった・・・
しばらく、この「ホワイトビーチ」の合唱が続き。そして、アンコールが始まりました。
アンコール1曲目は、Izumiちゃんが1人でボーカルをとってる「NAO」だった。
Izumiちゃんの曲は、ホントいい曲が多いよね。この声は、凄く心に響く声やと思うなぁ~。
ライブでもCDと変わらず、スッと入ってくる素敵な歌声を聴かせてくれた。
しかも、この「NAO」はCDと同じゴスペルのコーラス隊も入って、壮大な音の世界に。
ある意味、いい感じでライブを終わる事が出来ました・・・。
この曲をここで歌ったことで、「Song for...」は無いことを確信して諦めた(笑)

というのも、あまりにライブの時間が長くて!僕らタイムアップの時間になってしまって(汗)
この時間に出ないと、彼女が家に帰れなかったんですよね。
実は後半は時間が気になって、少しライブに集中しきれてなかったかもしれません・・・。
でも、遠く関西まで帰る僕の方が時間に余裕があるってのも、なんか面白いですよね(笑)
1つだけ残念だったのが、このライブの最後に歌ったらしい「モノクロ」を聴けなかったこと
新しいアルバムの「Confidence」の中で1番好きな曲だったので、少し残念でした。
けど、それを差し引いても!凄く楽しめたし、とても満足感のあったライブでした。
結構、時間ギリギリまで粘ったんですが、彼女も無事に家に帰ることが出来ましたしね☆

「誰かに届けたい」 そんな風に思う歌が沢山あったライブでした(^^)

|

« マタアイマショウ | トップページ | えぇ~!! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/11247369

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かに届けたい、と思う歌:

« マタアイマショウ | トップページ | えぇ~!! »