« 第20節・ヴィッセル神戸VS柏レイソル | トップページ | 寝不足注意報 »

2006年6月 8日 (木)

海のバラッド

朝、ある人からメールで「今日の通勤の曲は何かな?」って聞かれた。
最近、iPodでシャッフルしながら聴いているので。特に「誰の曲を聴いて」てのはなかった
そんな僕のiPodから今日の朝、最初に流れてきた曲がこの曲でした。
この曲が流れてきた時、ちょっと笑った。そして、今日はこの曲のこと書くような気がしたな

「海のバラッド」 レミオロメン

今はiTunesで、この曲を聴きながら書いています。
そして、気がついたことが1つ!このiTunesの中に入ってるレミオロメンの曲の中で、
1番再生回数が多かったのが、この「海のバラッド」でした♪
自分でも「3月9日」「粉雪」とか他の曲の方がい聴いてると思ってたので、ちょっと意外。
でも、やっぱいいです。この曲(^^)
きっと、この曲が最後に入ってるからエーテルってアルバムが1番好きなような気がする
いまだに「HORIZON」より「ether(エーテル)」の方を聴いてる事が多いしね(笑)

この前書いた「思いが重なるその前に・・・」もだったけど、この曲も聴くとなんか落ち着く。
それは、このシンプルな音色だからだろうか??
そして、この曲は本当に2人の歌だよね!!
「君と僕」「あなたと私」そんな2人のうた。決して、「誰か」ではないうた。
それを「海」ってものをテーマにしながら歌ってる、このバラッド☆

凄くその情景や気持ちを上手く表してる詞で、とっても伝わってくる詞のような気がします。

君といれると僕は誰でもなく 本当の自分に気付ける気がするよ

人って、決して一面だけで出来てるわけじゃないし!それぞれに色んな面があるね。
でも、その人にとってのナチュラルというか素な感じの本当の自分てのも、きっと在って!
日々の生活の中で、時にはイライラしたりしてちょっと嫌なヤツにもなったりするの。
そんな自分は自分自身でも嫌だし、「ダメやなぁ~」って思う。
けど、同じような生活。同じようなリズムの中に居ると、なかなかそれを変えることがね…
いつの間にかそんな自分が当たり前になって。自分を見失う時もある。

だけど「君」の隣にいる時は、いつもとは違う穏やかな自分でいれてることに気付く。

その時の自分が、ナチュラルな本当の自分だってことに気付かせてもらえる。
君がいるから僕なんだって思える。そうやって、本当の自分を忘れずにいれてるのかな?
君が居ないと、僕は僕だってことを忘れちゃうのかもしませんね☆
まあ、それはちょっと大袈裟だけど(笑)でも、誰にでもそんな存在は必要なんだと思う。
きっと、居るのだとも思います。

海かぁ~、いつも当たり前にように見てたからなぁ~。
今度、見に行こうっと!!僕らの前には、海が広がってるらしいからね(^^)

|

« 第20節・ヴィッセル神戸VS柏レイソル | トップページ | 寝不足注意報 »

「CDレビュー?」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/10445475

この記事へのトラックバック一覧です: 海のバラッド:

» レミオロメン mixi(ミクシィ、ミクシー)コミュ紹介ブログ [mixi(ミクシィ、ミクシー)コミュ紹介ブログ]
レミオロメンに関するmixiコミュを集めました [続きを読む]

受信: 2006年6月11日 (日) 20時58分

« 第20節・ヴィッセル神戸VS柏レイソル | トップページ | 寝不足注意報 »