« 第34節・ヴィッセル神戸VSジュビロ磐田 | トップページ | このままでいっかー。 »

2005年12月 8日 (木)

supernova

気が付けば、前の「CDレビュー?」から、半月以上書いてなかったんですね!!
相変わらずCDは色々と買ってたんやけど、他にも色々と書くことがあったからかな?
ってことで、今日は久々の「CDレビュー?」を書きます。

「supernova」 BUMP OF CHICKEN
何から書こうかな…とにかく「好き!!」ってことやったら簡単に言えるのだけど(汗)
僕の中では、今までのバンプの曲の中で、ちょっと違ったポジションにいる曲かな?
「supernova」日本語に訳すと「超新星」。辞書にはこんな風に書いてありました!!
恒星進化の最終段階で起こる爆発により、恒星が急激に新星の数千倍も輝き、その後ゆっくりと減光していく現象
地球から超新星を見る時。それは、超新星の最後の時…
その最後の時に、一生の中で1番輝くを放つのが「超新星」
でも、僕らがその「存在」を目にする時には、もう手遅れの星なんです。
なんか、ちょっと切ない感じのタイトルですね☆

この曲は、テーマが凄い大きい曲やと僕は思うんです。
だから、色んな部分で共感できる歌詞が多いですよねぇ~
君の存在だって もうずっと抱きしめてきたけど 本当の大事さは 居なくなってから知るんだ
ほんとに…別に大事にしてないってわけじゃないけど、それでも失ってから本当の大切さに気付くですよね。そんで、「もっとなんか出来たんじゃないかなぁ…」って思うんです。

君の存在だって こうして伝え続けるけど 本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないんだ
ですね。僕も「ありがとう」って言葉で感謝は伝えてはいるけど。きっと本当はそれだけじゃ足りひんねんなぁ。
でも、自分ではその「ありがとう」って言葉だけで満足してる部分があったりするからダメなんやろね。
そんなことしてるから、その存在が居なくなった時に後悔をする事になるのやろうなぁ…

誰かの存在だって 世界では取るに足らないけど 誰かの世界は それがあって 造られる
世界の規模で見れば、「誰か」って存在かもしれん。でも、僕が生きているのは、その「誰か」って存在があるからやからね。もう僕にとっては、誰かやないです☆
それに、その「世界では取るに足らない誰かは」僕にとって、世界的に大事なヒーローや有名人より、大切な存在なんだよね。
きっと、大好きな世界的ヒーローを失うことより、身近な誰かを失うことの方が僕は悲しいし、へこむと思う。でも、今ってそれが逆になってしまってる人もいるような気もするなぁ…
この歌詞は、そんな大事なことを思い出させてくれたなぁ~。あとは、その大切さを忘れそうになる僕が、その想いを忘れないようにしないとですね!!

今、この曲を聴きながら書いてるんやけど、ほんと聴き飽きるってことが無いです。
きっと、僕の中では、ずっと色褪せずに残っていく曲になると思います。
JAPANには曲のテーマをこんな風に書いてあった「何かを失うことは何かを得ることだ
確かに…僕も何かを失った事によって、得た事も沢山あったかなぁ~
でも、この曲は、それだけやなくて、もっと大きなものを持ってる曲やと思います。
まあ、これは僕の個人の感想やからね!!違う印象を持つ人もいると思うけど。
実は、「カルマ」の感想も書くつもりやったけど、「supernova」で限界でした(苦笑)

|

« 第34節・ヴィッセル神戸VSジュビロ磐田 | トップページ | このままでいっかー。 »

「CDレビュー?」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/7528353

この記事へのトラックバック一覧です: supernova:

» Supernova [3SIDES トゥ MUSIC]
最初にあやまっちゃいます。ごめんなさい。 洋楽blogだ、HR/HM よりだと書いていながら自分の これまで書いてきた内容をみるとだね。。。 Peter Cetera ZEBRAHEAD etc BAND AID MAROON5 MAROON5 SANTANA BOSTON QUEEN GUNS N ROSES Franz Ferdinand NICKELBACK FREDDIE MARCURY(Solo) 「どこがHR中心だよ!まじめにやれ!」 という声... [続きを読む]

受信: 2005年12月 8日 (木) 23時04分

« 第34節・ヴィッセル神戸VSジュビロ磐田 | トップページ | このままでいっかー。 »