« きのうのこと | トップページ | イメージは作られる? »

2005年10月 3日 (月)

ホワイトバンド

今、街中で着けている人をよく見かけるようになったホワイトバンド。
これはほっとけない 世界のまずしさキャンペーン象徴として売られている物です。
このキャンペーンは、貧困に苦しんでいる世界の人を救おうという活動のようです!!
けど、僕はこのキャンペーンについて、ちょっとした勘違いをしていました(汗)

_040 実は、このホワイトバンドは、自分で購入したわけではなくて、
夏にサッカー観戦したときにオマケとして貰ったものなんです。
でも、そのオマケ分のチケット代が高かったので買ったみたいなものかな

僕が勘違いしていたのは、この活動で集まったお金は「募金」として、
世界の貧困の為に使われると思っていたからです。
けど、このキャンペーンのHPを見ると、僕は間違って認識していたようです
このキャンペーンは「募金」ではなかったんです。

そのHPを見ると、詳細はこんな感じになってるようです。
このホワイトバンドは「貧困をなくす政策をみんなで選択する」意思表示の証だそうです。
そして、これの売上金は「募金」ではなく、貧困を無くすための「啓発活動」に使う。
で、このホワイトバンドの200万本目からの内訳はこうです↓
33%→流通費(流通輸送費、倉庫費、販売店手数料など)
23%→原価および政策経費(ホワイトバンド製作費、台紙、パッケージ他)

44%→世界の貧困をなくすための活動費
で、その活動費の主な内訳ですが、それはこんな感じです。
広報活動費(媒体制作費、デザイン費、編集費等)、媒体費(メディアの活用)、
イベント制作費、番組制作費、web制作・メンテナンス費、ホワイトバンド問合わせ対応等
事務局費、政策研究・調査、アドボカシー活動、市民社会組織のネットワーク構築、
貧困解消に向けた取り組みに関する啓発活動(地球市民教育・開発教育を含む)
と、こんな感じだそうで。まあHPを見れば活動の内容は分かりました!!
この活動は募金活動(チャリティー)ではなく、世界の貧困を伝える啓発運動。
で、その活動をもって、国の政策変更の実現を目指す。って感じでしょうか??

勿論、僕が単におバカなだけで、最初からちゃんと理解した上で購入した人もいると思う。
けど、もしかしたら他にも同じように「募金」やと誤認して買った人もおるんちゃうかな??
先ず、このホワイトバンドの台紙に書いてある言葉!!
「ほっとけない 世界のまずしさ
地球のどこかで、3秒にひとり、こどもの命が極限の貧困により失われています。
ホワイドバンドを、あなたが身につけてください。
この売上は、世界の貧困をなくす活動資金になります。」

この活動の他の活動との1番の違いは、募金ではないってとこですよね??
その事をなんで台紙に言葉として書かなかったんでしょうか?
この「活動資金」って、言葉だけでは「それ」が全く伝わらないと思いますけども。
上にも書いたとおり、この収益は現地(貧困に苦しむ国)に、直接的には全く使われなくて、
少し嫌味をこめて言えば、ただ日本のNGOの活動費になるだけなんです。
もし、この活動の意味が「啓発活動」「政策変更」にあるのなら継続が必要なはず?
なら、これを着けている人たちには、そのことを認識して着けてもらわんと意味ないでしょ?
なのに、それに対する努力が欠けているなぁって、僕には感じてしまいますよ(わざとか?
綺麗で響きの良い言葉だけを並べて、なんでもお金が集まればいいかな?みたいなね。

と、いろいろ書きましたが。僕だって「貧困を救おう」って活動には賛成ですよ!!
ただ、買われてる人達がちゃんと「意味」を理解して買っているのかが疑問やったのです。
だから、これから買おうと思ってる方には、ちゃんと全てのことを理解した状態で、
ちゃんと自分で考えて「買う」「買わない」を判断してほしいと思って記事にしてみました☆
ほんと理念は良いのだけど、この広報活動は誤解を生むと思うわぁ・・・

追記・この記事に少し追記したので、こちらも見てください。

|

« きのうのこと | トップページ | イメージは作られる? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かにその通りですね。
夏前くらいから(?)特に流行りだしたものやと
認識してます。
日本人はどうも流行りに弱いですよね。
世界各国の著名人がつけているだけあって、
物凄い流行りっぷりでした。
活動の意味、知らない人も大勢いると思います。
映画館で取り扱いしてたんですが、予約だけで店頭には並ばない…とか当たり前でした。

しかも、ネットでは定価より高く売買されている始末。
まぁ基本的に貢献してるって事には変わりないかもしれませんが・・・
情けない話です。
多分、ネットで買ってる人は意味知らない確立高いんちゃうんかなぁ。

投稿: いくみ | 2005年10月 3日 (月) 23時47分

ですよねぇ~
タワレコとかでも「入荷しました!!」って、書いてあるくらい
凄いスピードで売れてましたよね。
まあ、もし普通の「募金活動」なら、ファッション的感覚でもまだ良かったと思います。
一応、その購入したって行為で完結だし!!
今はそれで成功してる福祉活動も多いのも現実ですしね・・・

ただ、今回のは・・・
それだけでは、みんなの「気持ち」と「お金」が無駄になるだけやからね。
だから、僕は知り合いでホワイトバンド持ってる人には、
この事を伝えるようにしています☆
けど、やっぱり知らない人が多いんですよ。
まっ、今回のは「誤解、誤認」をしている人達よりも、
このあえて誤認させるようなNGOのやりかたも嫌ですが。

投稿: 聖二 | 2005年10月 4日 (火) 00時47分

はじめまして、聖二さん、せぷといいます。
事後報告になって大変申し訳なく思いますが、拙ブログの記事の中で聖二さんのブログを紹介、及びリンクさせていただきました。
真に勝手で恐縮ですが、拙ブログをご参照の上、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

投稿: せぷ | 2005年10月 8日 (土) 22時43分

せぷさん、はじめまして。
紹介して頂いて、そして報告までしていただけて、
とても嬉しいです!!
でも、僕の記事で少し誤解させてしまったみたいなんで、
申し訳ありませんでした。

投稿: 聖二 | 2005年10月 9日 (日) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/6236400

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトバンド:

» ODA…そしてIMF・世界銀行の真の意図とは…? [路上日記@なんで屋]
ODA(政府開発援助)というのがありますが、数年前まで、日本もなかなかええことをしてるんやな、と能天気にも思っていました。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4088754603/249-9752704-6852350 でも、この本『SEED』(ラデック・鯨井←あの「マスターキートン」の原作者:本庄 敬 集英社)を読むと、かなり問題がありそうな感じがします(慎�... [続きを読む]

受信: 2005年10月 4日 (火) 21時33分

» もう少しだけほっとけない。 [この世界の憂鬱と気紛れ]
『ほっとけない世界のまずしさ』キャンペーンについてもう少しだけ。 このキャンペーンのことを知ったのはしぃ。さんのブログの記事からでした。 へぇ、そんなものが流行ってるんだ、ぐらいの軽い気持ちで検索してみました。 すると賛成、反対、どちらの意見のブログもあって、ふぅん、やっぱりこういうのって人それぞれなんだな、というのがそのときの感想でした。 最初に首をひねったのは、前回の記事で中立派として紹介した聖二... [続きを読む]

受信: 2005年10月 8日 (土) 22時32分

« きのうのこと | トップページ | イメージは作られる? »