« スーパーサイズ・ミー | トップページ | デザイン変更 »

2005年10月14日 (金)

失って分かる、大切なもの。

今朝、父方のおじいちゃんが亡くなった・・・
前から何度か入退院を繰り返してたけど、僕にとっては突然の死やった。
凄く近くに住んでたわけじゃないけど、やっぱり思い出はある!!
昔は、怒られたりする時もあったけど、優しいおじいちゃんやったと思う。
でも、僕はおじいちゃんに対して、何かをしてあげただろうか??
何もしてあげてない・・・ 最近は、一緒に接することすら少なかったなぁ・・・

今年の3月にも、母方のおばあちゃんが亡くなった。
おばあちゃんは亡くなる1年前に、両足の膝から下を切断した。
その時は、「何かしてあげることは・・・」と考えたけど、結局は何もしなかった。
あまり笑わなくなった、おばあちゃんと話す時に明るく話してたくらいのもんだ・・・
親類も友達も、あと恋愛もそうかもしれない。
近くに当たり前のようにある大切なものを、僕は見失ってしまったりする。
ずっと永遠に存在するように勘違いをしてしまうのやろうなぁ・・・
でも、永遠に存在するものなどなくて、失ったあとに「後悔」みたいなものを想う。
いつも大切なものを失うたびに・・・
「大切なものを忘れない人に」 僕は、そんな人になりたい。

|

« スーパーサイズ・ミー | トップページ | デザイン変更 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

まずは、謹んでお悔やみ申し上げます。。

あたしも、いつもそうやなぁ……。父方の祖父母が亡くなった時、母方の祖父が亡くなった時、可愛がってた動物達が亡くなった時、本当にそう思いました。
こんな想いはもうたくさんやって泣きながらいつも思うのに、いつも「もっとこうしていれば、ああしていれば」って後悔が付き纏います。(でも今年の初夏に猫が亡くなった時は、不思議とそういうのなかったな。。ほとんど寝ないで看病して看取ってあげられたからかも?)

大切なものって、きっと傍にあるほど見失ってしまうものなんでしょうね。遠くのものほど愛おしく思える部分って、あると思ふ。。
母方の祖母に両親、友達、恋人。あたしも、傍にいる大切な人たちを見失わないように生きていきたいな。

もう一度、お祖父さんの事、心からお悔やみ申し上げます。

投稿: 芹沢亜衣 | 2005年10月14日 (金) 23時25分

亜衣さん、ありがとう。

そうやね!!遠くにあるものほど、美化して愛おしく思ったりするよね。
でも、僕らは、傍にある大切な人がいるから生きてる。
だから、そんな人たちを、ちゃんと感じながら生きていきたい。それに、ちゃんと感じながら生きている人は、きっと幸せやと思うから・・・
これは、僕の今日からの約束かな☆

亜衣さん、ほんまにありがとう。

投稿: 聖二 | 2005年10月15日 (土) 00時55分

こんばんわ

今年は色々と大変だったようですね。
私からも心の中で手を合わせさせていただきます。

近くにいるほどその大切さがわからない。
本当にそう思います。
恋愛面でよく考えることです。

そのたびにモンパチの歌詞を思い出します。
「ほら、あなたにとって大切な人ほどすぐ傍にいる」

いつもこの歌詞を心に置いていれば、
私はもっと人に優しくなれるのに…。

投稿: いくみ | 2005年10月17日 (月) 00時36分

いくみさん、コメント遅くなってすいません!!
そして、ありがとうございます。

>「ほら、あなたにとって大切な人ほどすぐ傍にいる」
>いつもこの歌詞を心に置いていれば、
私はもっと人に優しくなれるのに…。

僕もモンパチのこの詞は好き!!そして、僕もまだ大切なものを忘れてしまう人。
けど、「忘れてるけど、思い出せた」って、ことも大事やと思う。
先ずは、この気持ちから始まるのでしょうからね。
だから、少しずつ変わっていけたら良いなぁ~と思ってたりもするんですよ。
そして、やっぱりこんな風に思い出させてくれたりする、
音楽というものも大事なんやと思うなぁ~。

投稿: 聖二 | 2005年10月18日 (火) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/6400420

この記事へのトラックバック一覧です: 失って分かる、大切なもの。:

« スーパーサイズ・ミー | トップページ | デザイン変更 »