« 第27節・ヴィッセル神戸VSガンバ大阪 | トップページ | 第28節・ヴィッセル神戸VSジェフ千葉 »

2005年10月21日 (金)

それでも、見守ってくれる人がいると思うので

1週間前程から(そんなに経ってないかな?)漫画家の末次由紀さんって方が、井上雄彦さんのスラムダンクから絵を盗用してたのが解って、末次さんの単行本が回収、絶版なったりして話題になってますよね。
で、僕は、この末次さんって方も知らなかったし、漫画も読んだ事がなかったので、特にここで取り上げようとは思っていませんでした。
けど、末次さんと同じような時期に、もう一つ同じような話題を目にして、ふと思ったことがあったので書いてみようと思います。

その同じような話題ってのが、僕も好きな音速ラインの話でした…
それは、音速ラインの2ndシングル「街風」のジャケットの猫の写真が、実は一般の方が撮影(ブログで公開)したもので、それを無断で使用してたそうなんです。
まあ、末次さんは自分で盗用したのを認めてるけど、音速ラインの場合は何処までメンバーが関わってたのか分かりませんけどね…
でも、どちらのした事も決して許されるものじゃないし、その犯した罪に対して何らかの社会的責任や罰は受けるべきやとは思うのです。
そんで、この二つの話題の中で1番許されない事は、それぞれを応援してくれてた人、信じてくれてた人を裏切ったこと。
これは、絶対にやってはいけないこと。たぶん、この事で沢山の人の信頼を失ったのでしょうね。もう取り戻せないかもしれないほどの…

でも、それでもいるんですよ、まだ信じ続けてくれる人が!!
ほんと、どんな罪を犯した人にでもいるんだよね。僕には、どうしても理解できないことをした人にも…たとえ殺人を犯した人でさえも…不思議なことなんですけどね。
今回のことが、そんなに簡単に許されることじゃないのは分かってます。多分、末次さんは3年?いや5年程は漫画を書けないかもしれん。もしかしたら一生かもしれん。
でも、必ずいる信じてくれている人の為に、連載途中で終わってしまった連載を楽しみにしてた人の為に、続きを書いてあげて欲しいなぁ。
もう本というカタチでの出版が無理やとしても、今のネットの発達した時代やったらどんなカタチでも発表できるでしょうから。
きっと、そこに行くまでには大変な事や辛い事が沢山あるとは思います。一度付いた「盗用した漫画家」っていうレッテルも一生消えないだろうね。
けど、それは、末次さんがしてしまったことの大きさなんです。それを、自分で受け止めていかなあかんと思います。
そして、もう信じ続けれくれる人を裏切らないこと。楽しみを途中で奪われた人に答えること。これが、見守ってくれる人に対して、唯一できる償いやと思うから。
なんか長くなったけど、これが僕の書きたかったことです。

あっ、よく「この曲はあの曲の盗作や」とか「絶対にあれをパクってる」とか聞きますね。
一応、そのへんの僕の考え方を書いときます。
結論から言うと僕はあんまり気にしません。僕だって「あれ?この曲あれと似てるなぁ~」って、思うときはありますよ。それに今回のことは論外です。
でも、こんなけ音楽があったら、多少似たような曲は出来ると思うし。詞にしたって、そんなに人が歌にするテーマは変わらないと思うんです。
だから、同じようなことをテーマにしてる曲なんかやったら、同じようなフレーズを歌ってしまうこともあるんじゃないかと。
僕は、それを一つ一つ気にしていたら、音楽を楽しめなくなってしまいそうです。なんで、僕は気にしない(気にならない)ようにしてます。
まっ、これはあくまで僕の考え方ですので(汗)。
それと余談ですが、音速ラインの「街風」の写真を撮った人って、小学生らしいんですよ!!いやぁ~いい写真とるなぁ。と、思いませんか??

|

« 第27節・ヴィッセル神戸VSガンバ大阪 | トップページ | 第28節・ヴィッセル神戸VSジェフ千葉 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

話題になってますよねぇ、音速ラインの事。2ちゃんねるでは凄いスレタイが付けられてしまってるし(^-^;
メンバーがどこまで関わっているのかは分からないけど、個人的には今回の事、グレーゾーンじゃないかと思ってます。。ブログで公開されてた写真らしいし、本人が「これは盗用だ!」って思わなきゃ盗用扱いにもされなかったんじゃないかなぁ、って。
著作権ってよく分からないけど、一般の出版物に比べてネット上の画像の著作権って曖昧な気がするし、デザインした人も多分軽い気持ちで使ったんやろな、と。(ん? でもプロのデザイナーならその辺ちゃんと気ぃ遣うかな…。プロのデザイナーじゃないメンバーが軽い気持ちで使っちゃった…って可能性の方がもしかして高い?)
そして、そう感じたあたし自身、ネット上での著作権を軽く見てたって事になるわけで。そういえばサイト上に著作権云々って書いてないや、小説パクられても文句言えねーな……と今回の事で気付いた次第でして(苦笑) 一般の人が自分の作品(文章でも画像でも)を気軽に公開する事が出来るようになったけど、その公開されたものに対しての「著作権」って意識がなかなか浸透してないんじゃないかなぁと思いました。あたし自身も含めて。
いや、実際、音速よりもスラムダンクの方が「これは犯罪だ」って思っちゃったんです(^-^; ネット上での著作権って、法的にはどうなってるんやろ??

あ、音楽の「パクり」に関しては、あたしも同意見です。1週間の中で一体どれくらいの曲が生まれてリリースされてるのよ、誰も聴いた事のないような曲を探す方が逆に難しいんじゃないの?と思ってます(笑) コードの数には限りがあるし、その限られたコードの中から新しいコード進行を探し出す、作り出すってのは本当に難しい事だし。作曲経験あるから、この辺の事はもう痛感してるんですよ。「このコード進行で10パターンのメロディーを作りましょう」って練習があるんやけど、やっぱり似たようなものになってしまいますね;(あ、論点がずれた…)

投稿: 芹沢亜衣 | 2005年10月25日 (火) 00時08分

うん、あのスレタイはないですね!!曲はパクってないでしょう(笑)
やっぱりネットでも基本は、それを創作した人に著作権があると思いますよ。確か最初の約款にもそんな事が書いてあったと思うし。
でも、今のネットの著作権は乱れてますよね。個人的にはCDのジャケットとかはOKやと思うのですが(厳密に言えばこれもアウトかな?)今は、TVのキャプ画像まで載せてる人がいますからね(汗)
でも、全てのことが取り締まってたら、もうブログなんて誰も書けなくなっちゃうからね…だから、基本はそれぞれのモラルに任せられてる状態でしょうね。
一応、僕自身も自分で考えてここまでOKで、ここからはダメって感じで線引きは作ってますよ。

投稿: 聖二 | 2005年10月25日 (火) 03時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/6506887

この記事へのトラックバック一覧です: それでも、見守ってくれる人がいると思うので:

« 第27節・ヴィッセル神戸VSガンバ大阪 | トップページ | 第28節・ヴィッセル神戸VSジェフ千葉 »