« 心地よい場所 | トップページ | ありがとう・・・ »

2005年9月 8日 (木)

第22節・ヴィッセル神戸VSセレッソ大阪

かなり遅くなりましたが、一応この試合の感想を・・・
今回もテレビ観戦ですけどね!!
残留圏内に近付く為の大事な試合。しかし結果は・・・

9月3日(土)J1リーグ・第22節 長居スタジアム

    ヴィッセル神戸        VS                 セレッソ大阪
                   0    前半  0
                   1   後半  2

                   11  SH  13
                     5      CK     5
                   18     FK  19

得点・神戸  菅原 智(48分)
   ・C大阪 古橋 達弥(59分) ファビーニョ(75分)

神戸スタメン
GK               徳重

DF              マルティン
          金古            北本

MF            佐伯    遠藤
      朴                    菅原

           イヴォ       ホルヴィ

FW               平瀬

交代・45分 遠藤(OUT)→小島(IN)   64分 平瀬(OUT)→栗原(IN)
    88分 イヴォ(OUT)→石澤(IN)

怪我の掛川、三浦淳の変わりに、徳重と菅原がスタメンでスタート!!
菅原の左ウイングバックでの起用は、セレッソのサイド攻撃を防ぐ役割での起用でした。
前半は、両チームとも持ち味が出ずに終了。
ヴィッセルは後半から、遠藤に変えて、小島を起用。
で、遠藤の位置に菅原。菅原の位置にホルヴィ。ホルヴィの位置に小島。とシフト変更。
後半3分、菅原智さんのミドルシュートで先制!!(いやぁ~ビックリ!!初めて観た~
しかし、あっさりセレッソに2点を取られ逆転負け・・・

結果論になるかも知れんけど、なんで遠藤は交代したのでしょうか??(怪我かな?
で、遠藤の位置に小島では、あかんかったんかな??
1点目の場面は、完全にホルヴィの裏を破られての失点。
まあ、ホルヴィに左ウイングバックをやらせてるなら、絶対についてくる問題ですよね。
でも、それを懸念して菅原を左サイドで起用したハズなんですけどね・・・
結局は、「ホルヴィの裏」で2点を取られての逆転負けでした。
まあ、中断明けから「結果」は残ってたけど、必ずしも「内容」が伴ってなかったから
結果、三浦淳を欠いた状況では苦しくなってしまいました・・・
ヴィッセルの選手層の薄さはあるのですが、なんとかならんかったんでしょうか??

この日は、特にベンチ入りしてるメンバーから少し気になったんですが・・・
勝ち点3を毎試合狙っていかなきゃいけない状況で、攻撃の選手が少ないと思うのです。
守備の控えは、どこでも出来る坪内がいいと思う。あとは、中盤で田中ヒデですね。
で、中盤&FWは栗原、小島、北野の中から1人。そして、和多田です。
このシステムには、前で頑張って楔になれる選手が必要やと思うんですよ!!
平瀬が90分は出場できんみたいやし、なら和多田をベンチに入れとくべきやないかと。
もう石澤をFWで使うなんて必要もないし・・・(まだ北本のがヘッド強いと思うんやけど・・・
栗原も小島も良い選手なんやけど、相方のイヴォのタイプ的に持ち味を活かしにくいかと。
あと、ホルヴィは、やっぱりサイドより真ん中の方が持ち味がでますよね!!
守備は、やっぱり不安なんで・・・けど、左を変わりにやる選手もおらんのやけどね。
怪我してる選手に早く戻ってきてもらうしかないのでしょうかね??
今後は、どれだけベストメンバーで、試合に臨めるかがカギになりそう。
まあ色々と批判めいたこと書きましたけど、個人的な感想なのでお許しを・・・
とにかく!!出れる選手に頑張ってもらいましょう。僕らも頑張ろう~

|

« 心地よい場所 | トップページ | ありがとう・・・ »

「サッカー」カテゴリの記事

「ヴィッセル神戸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/5847255

この記事へのトラックバック一覧です: 第22節・ヴィッセル神戸VSセレッソ大阪:

« 心地よい場所 | トップページ | ありがとう・・・ »