« 夏休み | トップページ | ライブ活動!! »

2005年7月22日 (金)

許すということ

昨日の地元の新聞に載っていた論調に興味を持ったので、その事について書きます。

記事の内容は、夏休みの子供に向けたものでした。
今の子供は、色々と忙しい。でも、せっかくの長い休暇。普段出来ないことをやってみよう。
そこで、お願いとか、提案とか、じゃなく。ちょっと気にかけて欲しいことが二つある。
って、書き出しで。その二つが「根気「許す」
「根気」は、なにか一つでも、根気を持って続けてみて!!と、言うこと。
そして、もう一つ!! 僕が興味を持った「許す」
内容は、最近の子供がすぐに切れてしまう事で。相手の失敗を、徹底して許せないのだと。
世の中の風潮もそうで。確かに許せないことが多すぎて、それは厳しく批判して、追及してもいいのだけれど。
軽微な間違いにまで、必要以上に怒り、同じように罵倒してしまう。
「時には失敗を認め合える寛容さが重要だ」と。
最後に、なかなか難しいが、誰か一人許してみる。夏休みにできたら、いいな。
という記事でした。

確かに、そうですよね!! 大人にも言えることだと思うんですよね。
「そんな些細のことで、キレなくてもいいじゃん」とか「あんなちょっとの事でキレちゃった・・・」って、ありますよね・・・
「許す」この言葉を意識してるだけで、すこしは変わっていけるような気がするんです。

すこし違うのですが、僕には自分のテーマというか? こうなれたらいいな!!と、意識してることがあるんです。
それは「自分がされて嫌なことは、人にもするな!!」って、いうことと。
反対に「自分がされて嬉しいことは、人にもしてあげろ」です。
1度、自分の殻にこもってしまった頃から意識しだしましたね。でも、これを意識することで少し変わりました。
でも、僕もまだ人が出来てないので、イライラしたり、キレたり、人を傷つけたりしてしまう事もあるのですか・・・
たんにいい子ぶってるだけやん!!ってのは、あると思います(自分でもたまに思いますから
けど、僕はこの考え方から変わらないですね!!
もちろん、この考え方でしんどいときもあるんですけど・・・
でも、なんでやろな~?? その方が自分が楽なんでしょうね!!きっと。
それに、人にやさしく接する事で、それが結局は自分に戻ってくるんですよ!!
それで自分が幸せでなれるんですよね~。
結局、自分が好きなだけかも(笑)

ん~!!やっぱちょっと重いかな・・・ しかも説教くさいかも・・・
悩んだけど、書いたので公開することにしました。
そのうち明るい話も書きますね!!たぶん(笑)

|

« 夏休み | トップページ | ライブ活動!! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
そんな事が記事になっていたんですかぁ。
寮に入ってから新聞もとらないので、
ますます世間に疎い私です。(=_=)
地元の新聞って面白いの多いですよね(*^_^*)

う~n。
難しいなぁ、確かに最近は保育園の子も
「むかつく」とか言うので、かなりびっくりしてしまいます。
言葉の大きさを理解できないからこそそういう風になってしまうんですよね…。私は「星野富弘」さんの詩に出会ってから、悪口は言わないようになりました。小6かな。

悪口を言うのはやめよう、一番近くで聞いてるのは自分の耳だから…。

という内容でした。
大人が変わらない限り、子どもも変わらないんですよね
口は悪い私ですが、「死ね、うざい、むかつく」これだけは絶対に口にしないってのが私の中の決め事かな…。
あっ、でも冗談で「むかつく~」ってのは言ってしまいます。じゃれ合う時の言葉として。顔にすると、
(>з<)~☆☆
こんな感じ。
…あぁ、でも子どもはそんな意味にとらずに、ただ聞きなれた言葉として使ってるんですよね。
ちょっと反省(=_=)

きれる→悪口の話に入れ替わってしまいましたが(^^ゞ
私も何かこの夏にしてみようかな~

投稿: いくみ | 2005年7月24日 (日) 14時42分

こんにちは
「悪口を言うのはやめよう、一番近くで聞いてるのは自分の耳だから・・・」
良い言葉ですね!!
僕もいつも思ってることなんですが
もし自分が嫌なことをされたときに、相手に同じようなことをしてしまったら
結局、自分も同じ人になってしまうと思うんです。
だから、僕はこれを意識しながら生活してますね。

子供も「むかつく」と「むかつく~」の温度の違いは感じてると思いますよ!!
関西で言うと「アホ」の使い方の違いみたいに
同じ言葉でも、愛情のある言葉のときもありますから。
けど、子供はその言葉の意味も分からずに使ってる言葉も多いと思うけど・・・

でも、いくみさんが「星野富弘」さんの詩(=言葉)に影響を受けたように
昔に言われて、今でも思い出す言葉ってありますよね!!
良い影響を受けた言葉ですね。
言葉って、きっと人に影響を与えられるものなんですよ(良い意味でも、悪い意味でも)
言葉を話せるのは、人間だけですから。
いくみさんも、大事な想いを「言葉」として、子供達に伝えていってくださいね!!
今は、その意味が分からなくても、大きくなって言葉の意味を実感するときがあると思います(^^)

投稿: 聖二 | 2005年7月24日 (日) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122593/5095204

この記事へのトラックバック一覧です: 許すということ:

« 夏休み | トップページ | ライブ活動!! »